秋元才加、「コンプレックスだらけ」だったAKB時代 支えてくれた“心友”の存在に感謝
番組をみる »

 元AKB48で女優の秋元才加が30日、自身のInstagramで、グループ時代の同期・大島優子宮澤佐江から32歳の誕生日を祝福されたことを報告した。

 3人はAKB48でチームKの一員として活動をともにし、心を許しあっている友人という意味で“心友”と呼び合う間柄。秋元は、「先日、心友の優子と佐江ちゃんもお祝いをしてくれました」とつづり、大島の手作りだというチーズケーキの写真をアップ。「一緒に手巻き寿司を食べて、プレゼントもくれて、朝までAKBの沖縄ライブを観て沢山喋りました。幸せだったなぁ」と、楽しかった時間を報告した。

 また、「昔の私はコンプレックスだらけで、ひねくれてて、でも誰にも嫌われたくないあまりに、何の発言もしない、どっちでも良いよ、あなたに合わせる、が口癖の10代でした」とAKB48時代を振り返り、「AKBに入ったのが17歳、アイドルにしては身体も大柄だった私は全てにおいて自信が無くなって自暴自棄になったり、人を避けたり、よく怒り、よく泣いていました」と当時、アイドルとしては遅めのデビューと長身に悩んでいたことを明かした。

 自分の意見に自身を持てず、伝えたい言葉を飲み込んでしまっていたという当時の秋元だったが、「優子とか佐江、AKBの仲間達は私の個性を褒めてくれたり、常に励ましてくれました。AKBにはハマらないかもしれないけど、才加の個性は違う場所で他のメンバーより輝いてるよ!って」と、大島と宮澤をはじめ、メンバーに励まされたといい、「伝えなきゃ伝わらないんだと、少しずつ練習をして今のような私になりました」と現在の自分に至るまでの経緯と思いを吐露。続けて、「だから、一緒に頑張ろう?って見えない貴方にも届いたらいいな。変わっていく私を諦めずに、私を支え、応援してくれるファンの皆様、そして友達、家族に感謝しています」と感謝をつづりつつ、呼びかけた。

 この投稿にフォロワーからは「そうやって色々なことを乗り越えてきたんですね!」「才加ちゃんめでとう。優子ちゃんと佐江ちゃん本当にいい関係だね」「一番嬉しい仲間に祝ってもらえてうらやましい」などのコメントが届いているほか、かつて同じ舞台で苦楽を共にした高橋みなみ横山由依という“歴代総監督”の2人も「いいね」を寄せいている。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

秋元才加 AKB時代の悩み告白
秋元才加 AKB時代の悩み告白
View this post on Instagram

改めて。 お仕事関係の皆様、ファンの皆様、お祝いのメッセージ、プレゼントなど本当に有難うございました。 先日、心友の優子と佐江ちゃんもお祝いをしてくれました。優子がチーズケーキ焼いてくれた😭💓一緒に手巻き寿司を食べて、プレゼントもくれて、朝までAKBの沖縄ライブを観て沢山喋りました。幸せだったなぁ。 私はSPURの締め切りに追われていたので、二人が手巻き寿司を作ってくれました🥺優しい。。 30代になって人の優しさを素直に受け止められるようになって、今は人に優しくしたいと思えるようになりました。 最近私を知った方は、自己肯定感が高くて自分の意思をはっきり発言できる人と思っている方も多いと思うけれど、昔の私はコンプレックスだらけで、ひねくれてて、でも誰にも嫌われたくないあまりに、何の発言もしない、どっちでも良いよ、あなたに合わせる、が口癖の10代でした。AKBに入ったのが17歳、アイドルにしては身体も大柄だった私は全てにおいて自信が無くなって自暴自棄になったり、人を避けたり、よく怒り、よく泣いていました。 その時から、優子とか佐江、AKBの仲間達は私の個性を褒めてくれたり、常に励ましてくれました。AKBにはハマらないかもしれないけど、才加の個性は違う場所で他のメンバーより輝いてるよ!って😂 自信がないあまりに、 はっきり自分の意見を発言しない私に、ちゃんと聞くから思っている事を発言する練習をしようね、って優子に言われて自分の気持ちを伝える練習をしたり、時に言葉がストレート過ぎて傷付けてしまう事もあったので伝え方の練習をしたり😢 昔の私は、伝えたい言葉を呑み込んでしまい、声に出そうとすると声よりも先に泣き出してしまう癖があったのでよく周りを困らせていました。 人は皆違う。 伝えなきゃ伝わらないんだと、少しずつ練習をして今のような私になりました。笑 日本の歴史の舞台に出演していた際、自信が無くなると俯いて言葉の語尾が消えてしまう私に、シスカンパニーの北村社長が「普段から語尾までしっかり話して、しっかり目線を落とさない意識をしなさい。普段の意識が自分を作るのよ。」とアドバイスしてくださった事がありました。 意識して毎日続けたところ、いつの間にか語尾までしっかり伝えられるようになりました。 そして、少しずつ変われたそんな自分に、自信が付くようになりました。 努力をせずに、自分を好きになる、変わる事なんて私は難しいと思っています。 自分を丁寧に扱ってお世話をする分、自分が好きになれるのかなぁ、とそんな事を感じています。 自分を丁寧に扱ってあげられると自ずと他人にも優しくできる。 私はそう感じています。 だから、一緒に頑張ろう?って見えない貴方にも届いたらいいな。 変わっていく私を諦めずに、私を支え、応援してくれるファンの皆様、そして友達、家族に感謝しています。 あ、小林のこと書き忘れた。 ケーキも用意してくれて、誕生日だからってご馳走してくれたいつも優しい小林。 日本の皆様に小林の良さがもっと伝わって欲しい。😂 今17ライバーとして絶賛配信中です。 ご贔屓に。 ビー玉みたいな目をしていますが、たまに感情を取り戻し、笑顔になる事があって、その瞬間がたまらなく嬉しいし、可愛いですよ🥺

A post shared by 秋元才加 (@areasayaka) on