8月6日よりスタートするドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2』の公式twitterにて、4コマ漫画の連載が始まった。

 同ドラマは2018年4月期に放送された続編。波瑠演じる警視庁捜査一課「特名捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木京香扮する文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく。脚本はSeason1から引き続き、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』、来年放送の大河ドラマ『青天を衝け』などで知られる大森美嘉氏が担当する。

▶映像:未解決の女 警視庁文書捜査官《傑作選/新シリーズ放送記念》

 この度、公式twitterで公開された4コマ漫画は「遠藤憲一 演じる草加刑事がもし文字に向き合ったら…」と題したもので、普段は寡黙な草加刑事が、紙についていたあるモノを読点と間違えてしまうという、ほっこりとした内容となっている。

 この投稿に「なにこれ!めっちゃ面白いじゃないですか」「小ネタだわぁ 大好きです」「ゴマ、化す、のが、うまいです」などの声が寄せられている。なおこの4コマ漫画は毎週放送当日にアップされるようで、次の投稿も楽しみだ。

 『未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2』は8月6日(木)よる8時より放送スタート。初回は2時間スペシャルで、以降は毎週木曜よる9時から放送される。

未解決の女 警視庁文書捜査官《傑作選/新シリーズ放送記念》
未解決の女 警視庁文書捜査官《傑作選/新シリーズ放送記念》