千鳥大悟が考える理想の「毒舌キャラ」に周囲も納得 ポイントは“丸みとおなら”?
番組をみる »

 ABEMAのバラエティ「チャンスの時間」で、お笑いコンビ・千鳥大悟とアジアンの馬場園梓が悩める女性芸能人の質問に回答。アイドルグループ・NGT48のメンバーである中井りかの相談へのアドバイスに、千鳥のノブが深く納得する一幕があった。

【動画】千鳥大悟、NGT中井りかへナイスアドバイス

 8月26日に放送された「チャンスの時間」では、群雄割拠の芸能界で悩める女性タレントを大悟が指導する企画「悩める女性芸能人を救え!大悟タレントスクール」が行われた。さらにトークのスペシャリストとして馬場園もゲスト出演。独自の見解を交えつつ、熱血指導を繰り広げた。

 2人目の相談者として登場した中井は“毒舌キャラ”で有名になった異色の現役アイドル。そんな彼女も「キャラが迷走している」と感じているようで、「毒舌をひねり出そうとする周囲の人たちに疲れてしまった。テレビに出るたびに嫌われていって、アイドルがやりたくてこの世界に入ってきたけど、なりたかった自分になれてるのかな?」と胸の内を明かした。

千鳥大悟が考える理想の「毒舌キャラ」に周囲も納得 ポイントは“丸みとおなら”?

 相談を受けた大悟は「たぶん中井はね、歳も若いやん。簡単に言えば『誰が言うとんねん』もあんねん。まだそれぐらいの人生しか経験してないやつが言うな、で止まっちゃうのよ。それに中井はしっかりしたところも見せるやろ。しっかりしたやつが悪口言うてるから、『本音かな?』ってなっちゃう。だから『嫌いだな』で止まっちゃうんじゃない」と、中井の悩みに真摯に向き合った。そんな大悟が提案した解決策は「ちょっとバカなところ見せた方がいいと思うんよね」というもので、「座るときに『プッ!あ、ごめんなさい』みたいな……」と座る際にオナラをするという予想外のアドバイスに発展した。

 これには相方のノブも「しょうもな」と苦笑を浮かべるばかり。しかし大悟はなおも真面目な表情で「ちゃんと聞いて。オナラ出ちゃうぐらいの女の子だったら、悪口だって出ちゃうよ。可愛らしさが断然出ると思うよ」と力説。すると隣で聞いていた馬場園も、「可愛げっていうのはすごい大事かもしれない。パンパンに胸とお尻に布を詰めてみて」と提案した。

 さらに大悟と馬場園の2人は「細くて悪口言うとトゲがあんのよね。おっぱい大きい子ってなんかちょっと……」「丸みが出て……」「叶姉妹さんとか結構なに言ってもいいやん。原付の前ぐらい胸があるから」と具体例を挙げつつ熱弁を振るった。2人の話を聞くうちにノブも納得したようで、「確かに超グラマー……おっぱいブリンッでお尻ブリンッで、たまに屁こくんやろ?オファー止まらんやろうな」と真剣なトーンで同調。さらにノブ自らオナラをする“理想の毒舌キャラ”を実演し、スタジオの爆笑を誘っていた。

(ABEMA/チャンスの時間より)

毒舌キャラに必要なものとは
毒舌キャラに必要なものとは
大悟の発言が問題に!?
大悟の発言が問題に!?