売れない千鳥を奮起させたのは後輩芸人の言葉だった!大悟「お前らのおかげで意外と腹くくったかも」
番組をみる »

 お笑いコンビ・千鳥番組MCを務めるABEMAのバラエティ「チャンスの時間」に、毒舌を武器にした芸風で知られるお笑いコンビ・鬼越トマホークが出演。彼らの“毒舌ネタ”を糧にしていた過去を千鳥の2人が明かした。

 9月2日に放送された「チャンスの時間」では、「千鳥の知らない世界」が実施された。同企画は、人気絶頂の千鳥に知ってほしい情報を2組の芸人がプレゼンするというもの。2組目のプレゼンターとして登場した鬼越トマホークの2人は、神妙な面持ちで「今、千鳥さんに足りていないものって何かご存知ですか?」と千鳥に尋ねた。

 これに千鳥の大悟が「何やろな……ポップさとか?」と答えると、鬼越トマホークの金ちゃんは「そんなんじゃないです」と一刀両断。隣にいた相方の坂井良多も「正直言うと今の千鳥さんって、“キング・オブ・ポップ”ですよ」と褒め殺しともいえる言葉を並べ立てた。しかし、必ずしも良いこととは言えないようで、金ちゃんは「お笑いファンは昔のトガッてた頃の大悟さんが好きだったんですけど、世間に合わせすぎてお笑いファン一切ついてないです」と持ち前の切れ味鋭い毒舌をぶつけた。

売れない千鳥を奮起させたのは後輩芸人の言葉だった!大悟「お前らのおかげで意外と腹くくったかも」

 そんな千鳥に対して鬼越トマホークは、客観的に物事を見る力を磨くための企画「クイズ!うるせぇなオマエ」を提案した。喧嘩ネタでさまざまな芸能人に暴言を吐いてきた鬼越トマホークが、過去のネタで言ったセリフをクイズ形式で出題。誰に対して言ったセリフなのかを千鳥の2人が答えるという主旨の同企画。数々の暴言を元に問題が出されるなか、最後の問題として出題されたのは「大阪戻りてぇのか東京でやっていくのかハッキリしろ!」というものだった。

 この問いにすぐにピンときた大悟が「千鳥?」と見事に答えを当てると、相方のノブも「これは覚えてる。忘れへんよ」と懐かしそうな表情を浮かべた。東京に出てきたはいいものの、なかなか勢いが出ず悩んでいた時期に言われたこの言葉に、大悟は「お前らのおかげでハッキリ東京でやっていこうって、意外と腹くくったかも」と意外な過去を明かした。

 さらに千鳥の2人は「東京に馴染めてないのもネタにしていこうって思った」「後輩がここ笑ってるんだと思って。隠す必要はないんだって……」「悔しかったのよ」と語り、悔しさをバネに東京に残ることを誓った当時を感慨深げに思い返していた。

(ABEMA/チャンスの時間より)

後輩芸人が熱く語る千鳥の過去
後輩芸人が熱く語る千鳥の過去
タコから食べたら要注意?
タコから食べたら要注意?