ABEMAの新オリジナル連続ドラマ「17.3 about a sex」でトリプル主演を務める永瀬莉子田鍋梨々花秋田汐梨が、9月5日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催された「第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE(以下:TGC)」の取材ブースで囲み取材に応じた。

現役女子高生モデルの永瀬莉子、“性”がテーマの主演ドラマをアピール「クラスメイトにも見てもらいたい」
番組をみる »

▶︎9月17日(木)夜11時より配信スタート「17.3 about a sex」

 同ドラマは、17歳の女子高生3人の揺れ動くリアルな心情を描いた、ひと夏の青春恋愛物語。今回「TGC」のステージで配信スタートすることが、サプライズ発表された。永瀬、田鍋、秋田はいずれも現役女子高生でありながら、現役Seventeen専属モデルとしても活躍している。脇を固めるのは、水沢林太郎、新原泰佑、藤枝喜輝、石川雷蔵といった若手俳優だ。

 ステージ終了後に行われた囲み取材で、TGCのランウェイでドラマの解禁が出来た感想について聞かれた永瀬は「この日を迎えられてうれしかったですし、みんなで歩けたのも心強かったです。楽しいステージでした」と明かし、田鍋も「3人で歩くことはなかなかない経験なので、すごく新鮮で楽しかった」と喜びをあらわに。TGCランウェイ初体験だったという秋田は「2人が一緒ですごく心強くて、楽しく歩くことができました」と顔をほころばせた。

現役女子高生モデルの永瀬莉子、“性”がテーマの主演ドラマをアピール「クラスメイトにも見てもらいたい」

 同作でピュアで真面目な主人公・清野咲良役を演じた永瀬は、役についての感想を聞かれ、「撮影に入るまでは不安なところもあったんですけど、現場の雰囲気もすごく良くて、監督さんと話し合いながら丁寧に撮影に挑んだので不安はありませんでした」とコメント。経験豊富で早熟な皆川祐奈役の秋田は「私の役は普段の私とは全然違くて、知らない単語が多すぎて、調べて調べてっていうのの連続で難しかったです。けど、すごく勉強にもなったし、ドラマのテーマ自体が“若者が知っておくべきこと”みたいな話なので、撮影を通じて学ぶことがありました」と振り返った。

現役女子高生モデルの永瀬莉子、“性”がテーマの主演ドラマをアピール「クラスメイトにも見てもらいたい」

 誰も好きになったことがなく、異性と付き合うことの重要性を感じていない原紬役を演じた田鍋は「クールで毒舌な女の子を演じるのが初めてだったので、普段とは違う役にチャレンジできて、バリエーションが増えた気がしてよかったなと思います」と話した。

現役女子高生モデルの永瀬莉子、“性”がテーマの主演ドラマをアピール「クラスメイトにも見てもらいたい」

 今作を通じてより仲が深まったいう3人だが、撮影中の印象に残っているエピソードについて聞かれると、永瀬は「私は現場にフィルムカメラを持って行ってて、その現像を楽しみにしているんですけど、それにプラスして撮影中にそれぞれが持っている携帯電話でも撮影していたので、写真フォルダが紬と祐奈でいっぱいになりました。まるでカメラマンみたいでした(笑)」と明かした。司会者から「それはどこかで公開されるんですか?」と聞かれると、「ちょっとずつSNSとかでアップしていこうと思うので、楽しみにしててください」とアピールに繋げた。

 続けて、“憧れの女優”について質問が飛ぶと、永瀬は「この人になりたいというよりは、永瀬莉子という自己流を磨いていきたいと思っています」と明かしてから、「そういう意味で、今作でも新しいものを表現できました。女優としての引き出しが増えたと思います」と胸を張った。田鍋も“今作を通じ女優としてバリエーションが増えた”と発言していたが、ここでは「今後はもっと静かな子の役もやってみたいし、人殺しの役にもいつかチャレンジしてみたいです(笑)」とコメントして、記者を驚かせた。秋田は元Seventeenモデルの森川葵の名前を挙げ、「作品によって表情が全然違って、全てを演じ分けてるのがスゴイな思います。自分もそんな風に演じ分けられる女優になれたら」と語った。

現役女子高生モデルの永瀬莉子、“性”がテーマの主演ドラマをアピール「クラスメイトにも見てもらいたい」

 さらに記者から「等身大のティーンの姿が描かれた作品とのことですが、3人は現役高校生ですけれど、実際にこういう性についての話は現代の教室内で行われているものなんでしょうか?」と質問が飛ぶと、永瀬は「クラスで話してる子がいると“あっ…”って思ったりはします(笑)。でも恥ずかしいことではないと思うので、このドラマもクラスメイトにも見てもらいたいって思います」と明かした。続けて「撮影中“女子高生のあるある”だと思ったシーンはありましたか?」という問いには、田鍋が「ポンポン言葉が飛び交う感じが、自分の事をバーっと言っちゃう女子高生のイメージとピッタリだなと思いました(笑)。間を開けずにセリフを言うリアルな感じが、女子高生ならではだなと思います」と答えていた。

 最後にドラマの見所について聞かれ、永瀬は「結構攻めた内容ではあるんですが、男女関係なく同世代の人に見て欲しい作品が出来たと思っています。誰もがいつか通る悩みを描いていると思うので、この作品がその悩みの支えになればいいな思います」と語った。田鍋は「ドラマは気軽に見られるのが魅力だと思うので、性がテーマのドラマではありますけど、恋愛ドラマを見るような感じで見てもらって、たくさんの人に共感して欲しいなと思います」と呼びかけた。そして最後に秋田が「キュンキュンするシーンや感動する描写もあるし、色んな要素が詰まっていると思います。ドラマの中の私たちも徐々に性についての悩みを打ち明けられるようになっていくので、こういう悩みを相談すること自体、恥しいことじゃないって事が伝わればいいなと思います」と思いを明かした。

 同ドラマは9月17日(木)夜11時より配信スタート。全9話が7週にわたって配信される。

テキスト・写真:中山洋平

【新オリジナルドラマ】17.3 about a sex #1~3 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
【新オリジナルドラマ】17.3 about a sex #1~3 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント