ABEMAオリジナル番組『恋愛ドラマな恋がしたい』の新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』が9月26日からスタートする。同番組は、男女8名の若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。今回は、これまでのシーズンにはなかった共同生活に加え、ドラマの内容は全て「ベッドの上で起こる男女の恋物語」という設定となる。非日常的で、ある意味、過酷ともいえる環境の中で、どんな芝居が演じられ、どんな恋愛が生まれるのだろう。撮影はすでにスタートしてメンバーの心にも様々な変化が出てきている様子。『non-no』の専属モデルを務める新メンバー・江野沢愛美(以下、まなみ)に現在の心境を聞いた。

江野沢愛美、『ドラ恋』での共同生活に戸惑い「正直、最初は早く帰りたかったです(笑)」
番組をみる »

――本日はよろしくお願いします。ドラ恋は、普段のモデルのお仕事とは全く違うと思いますが、実際に出演してどうでしょうか?

以下、まなみ:モデルの私のイメージを取っ払いたいという気持ちがありました。モデルのお仕事の時は、あまり自分のことを話す機会がないため、女の子らしいイメージを持ってくれているファンの方が多いかなと。でも正直、私の中身はけっこう男の子なんです。田舎育ちで、言葉遣いもキレイじゃないし、物事をハッキリ言っちゃうタイプで、正論を貫きたくなっちゃう人間。ドラ恋に出演することで、本当の自分を出して、その姿を好きになってもらえたらうれしいなというふうに思ってます。

――今回は共同生活もあって、これまでのシーズンよりも、より濃密な時間を過ごされていると想像します。そんな中で、本来のまなみさんの姿は出せていますか。

まなみ:実は、共同生活という部分は懸念していました。正直、最初は早く帰りたかったです(笑)。普段は、一人の時間をとても大切にするタイプなので、誰かとずっと近くにいるというのになかなか慣れなかったです。

――ずっと人がいてカメラに撮られているというのは大変ですよね。今は少しは慣れてきましたか。

まなみ:絶対にオーディションに受かりたいという台本に巡り合ったとき、周りを気にしている場合ではないと思いました。台本に集中することで、なにかが吹っ切れて自分でも気づいてなかった殻が破れたみたいです。その後は共同生活に戻ってもそれほど気にならなくなりました。たぶん、自然な姿で過ごせていると思います。

――まなみさんは、責任感が強いんでしょうね。メンバーの中では姉御肌というか。

まなみ:性格上、メンバーから相談を受けることが多いですね。本当はライバルだから答えちゃいけないのに、話を聞いて一緒に考えてしまいます。でも根っこはライバルで、みんな主役を取りたいという気持ちがある。どうしたらいいのか、ジレンマに陥っていた時期はあります。

――お芝居と恋愛の両立についてはいかがですか。

まなみ:いろんな困難を経て、乗り越えたことで、自分の好きな人を選ぼうと決めています。好きな人と組めて一生懸命に取り組んだなら、オーディションに落ちても、悔しいというよりはまた頑張ろうって思うんじゃないかなって。

――恋愛はできているということですね。

まなみ:おかげさまで恋愛しています(笑)。

――よかった(笑)。放送を楽しみにしています!

テキスト:氏家裕子

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ #1
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ #1