JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

 グローバルボーイズグループ・JO1の佐藤景瑚と白岩瑠姫が、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』第6話、第7話に、それぞれゲスト出演する。JO1は、2019年に話題を呼んだオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、101名の中から選ばれた11名で結成。デビューシングル「PROTOSTAR」に続き、8月26日に発売された2ndシングル「STARGAZER」もオリコン週間シングルランキングで1位を獲得するなど勢いに乗っている。ABEMAでは8月に放送された特別番組『JO1 SCHOOL』が大反響を呼び、10月9日からはレギュラー番組『JO1 スターギャザーTV』もスタートする。

 そんな今大注目のJO1の一員として活躍する、佐藤と白岩。実は2人とも、以前より『オオカミ』シリーズにハマっており、なかでも白岩はシリーズ初回作から観ていたほどの大ファンなのだという。スタジオ収録を終えたばかりの2人に、『オオカミ』シリーズの魅力や注目しているメンバーなどについて、話を聞いた。

白岩瑠姫「シーズン1でハマってしまって…」同年代の出演メンバーに共感

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

――佐藤さんは第6話、白岩さんは第7話のスタジオ収録に参加していただきましたが、終えてみていかがですか?

佐藤: ずっと番組で観ていたスタジオに行けるということが、夢のようでした。緊張しましたね。

白岩: めっちゃ緊張しとったな。

佐藤: たぶん今までで一番緊張しました(笑)。

白岩: 収録中の様子を楽屋で見ていたんですけど、スタッフさんも「景瑚ガッチガチだな、ライブより緊張してるな」って(笑)。

佐藤: 1人で外のお仕事に出るのが初だったので。でもそのお仕事が『オオカミくん』で良かったです。

白岩: 緊張しすぎて、背筋直角になってたけど(笑)。

佐藤: 姿勢悪いと良くないかなと思って(笑)。

――白岩さんはいかがでしたか?

白岩: JO1に入る前から面白いなと思って観させていただいていたので、その作品に自分が少しでも関われるのが嬉しくて。最初にゲスト出演のお話を聞いた時は、『え?たまたま観てた』って思って、びっくりしました。最近だと1番嬉しかったですね。

『オオカミ』シリーズを観始めたきっかけ

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

――『オオカミ』シリーズを観始めたきっかけは?

白岩: 横澤夏子さんがMCをされていて「面白そうだな」と思ったのが最初のきっかけです。そしたら自分が思っていた以上に斬新な企画で面白くて。シーズン1でハマってしまって、そこからずっと今まで観てきた感じですね。

――どのような部分に面白さを感じましたか?

白岩: 元々恋愛リアリティーショーを観るのが好きだったんですけど、自分と歳の近い方たちが出演されているので、気持ちがわかるというか、感情がすごく入るんですよね。毎回1週間後までずっと焦らされて、学校とかでも「今週あんなんだったけど、来週待ち遠しいな」みたいな話をしたり。本当に、イチ視聴者として楽しませていただいていました。

佐藤: 僕も恋愛番組が大好きで、ずっと昔から観ていたんですけど、毎回感動するんですよね。ああいう恋をしてみたいなと思いますよ。

白岩: 5話目で泣いたんだよね。

佐藤: 泣いちゃいましたね。毎回感動するんですけど5話で本当に感動して。僕たちもオーディション番組をやっていたこともあって、気持ちがわかるというか。

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

▶映像:2人が感動した『オオカミくん』第5話

推しメンバー・よしきにエール「幸せになってほしい」

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

白岩: 一緒よね。

佐藤: よしき(藤枝喜輝)くんが、すごい頑張ってるなって。

白岩: 幸せになってほしいです。見守りたくなってしまうというか、そういう気持ちにさせられるんですよね。ザ・野球少年というか、一途で真っすぐで、ピュアな感じに惹かれます。

佐藤: 12キロ走ったっていうのも、びっくりしました。僕、この前10キロ走ったんですけど2キロでバテたので、すごいなと思って。

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

白岩: あと、よしきくん18歳で最年少じゃないですか。周りから何か言われるかもしれないとか、出演するにあたって不安もあったと思うんですけど、それを跳ね除けて出ていて、自分があの歳の頃にはできなかったことをやっているので、すごく強いなと。今だからこそプデュ(PRODUCE 101 JAPAN)とか出て成長できたんですけど、あれをあの歳で頑張っているっていうのは、同じドキュメンタリー番組を経験した身からしても、感情移入してしまう感じはありますね。

佐藤景瑚&白岩瑠姫が“オオカミくん”だったら…?

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

――『オオカミ』シリーズは、恋をしない“嘘つきオオカミ”がメンバーの中に潜んでいるというのが特徴ですが、もしお2人が“オオカミくん”だった場合、嘘をつき通す自信はありますか?

佐藤: 無理です。

白岩: 僕も無理です。見抜く方が得意で、自分では嘘つけないというか。

佐藤: 嘘だ(笑)!(取材に同席していたJO1スタッフに)嘘ですよね?得意そうじゃないですか、いつも計算してる感じがする。

――まるで人狼ゲームのようですね(笑)。

佐藤: (白岩は)人狼、めちゃくちゃ上手いんです!僕は下手です。

白岩: JO1のメンバーで人狼やったことあるんですけど、他のメンバー何人かと、景瑚がめちゃくちゃ下手なだけです。

――佐藤さん以外にも下手なメンバーが?

佐藤: いますいます、(河野)純喜とか。

白岩: あいつマジで下手です(笑)。

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

――先ほどスタッフの方が白岩さんに嘘をつかれたことがあるとおっしゃっていましたが、その時はどういうシチュエーションだったのですか?

白岩: 嘘ついたのは、(スタッフが)入って間もなくて、JO1と距離があって、現場にすごく居づらそうだったので、僕がめっちゃ詰めて喋りかけたんですよ。

佐藤: まだみんなと喋ったことない段階でいきなりそれされたら、怖くないですか?(笑)。

白岩: 俺はみんなでやりたいから、誰か1人が馴染めてなかったら、いくってだけです。結局その日からけっこう喋れるようになりましたよ。

佐藤: でもそれは騙してるんですよ(笑)!

白岩: 最近、景瑚はマジで俺を下げようとする癖があって…。

佐藤: それも嘘です!

白岩: ホントです(笑)!ってことは景瑚が嘘つきな可能性ありますよ?

佐藤: でも、僕がもしオオカミだったら、何考えているか読みにくいよね。

白岩: いや、読みやすいから人狼ゲーム下手なんだと思う(笑)。

――佐藤さんが“オオカミくん”だったら衝撃の結末になりそうです(笑)。

白岩: 景瑚が出てるのを見たいんだよなぁ。

佐藤: 出たいです (笑)。

佐藤景瑚、衝撃の罰ゲームを回顧「本当にやばかった(笑)」

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

――10月にはABEMAでレギュラー番組(『JO1 スターギャザーTV』)も始まりますが、視聴者に向けて見どころなどメッセージをいただけますでしょうか。

佐藤: 『オオカミくん』の視聴者の方にも観てほしいですね。『オオカミくん』は感動しますけど、こっちは本当に笑いで、共通点はまったくないんですけど(笑)。

――8月に放送された特番ではかなり体を張られていて、佐藤さんはオオグソクムシを食べる罰ゲームにも挑戦されていましたが…。

佐藤&白岩: オオグソクムシ、あれはヤバかったね。

白岩: でもあれのおかげで一皮むけて、成長できたでしょ?あれを経験しているのとしていないのではだいぶ違うでしょ。

――完璧なリアクションをされていましたよね。

佐藤: いやいや、完全に素のリアクションでした。あれは本当にヤバかったです(笑)。

――10月からのレギュラー番組も楽しみにしています!本日はありがとうございました。

JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」
JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」
JO1佐藤景瑚&白岩瑠姫、『オオカミくん』に感情移入「ドキュメンタリー番組を経験したからこそ気持ちが分かる」

 佐藤景瑚がゲスト出演する『オオカミくんには騙されない』第6話は、9月20日(日)よる10時~、白岩瑠姫がゲスト出演する『オオカミくんには騙されない』第7話は、9月27日(日)よる10時~放送。また、JO1の2ndシングル「STARGAZER」も好評発売中。「STARGAZER」は、表題曲「OH-EH-OH」の他に、新曲「So What」「GO」「Voice(君の声)」、リーダーの與那城奨が作詞を手掛けた「My Friends」、『PRODUCE 101 JAPAN』コンセプト・バトルの課題曲として披露した「KungChiKiTa(JO1 ver.)」が収録されている。また、10月9日(金)よる10時より、レギュラー番組『JO1 スターギャザーTV』が放送される。

テキスト・取材:水野梨香

写真:You Ishii

『オオカミくんには騙されない』全話
『オオカミくんには騙されない』全話
JO1のレギュラー番組『JO1 スターギャザーTV』予告
JO1のレギュラー番組『JO1 スターギャザーTV』予告
佐藤の罰ゲームも!大反響だった2ndシングル特番『JO1 SCHOOL』
佐藤の罰ゲームも!大反響だった2ndシングル特番『JO1 SCHOOL』