女優の藤原紀香が、9月17日スタートのABEMAオリジナル連続ドラマ『17.3 about a sex』で磨きのかかった演技を披露している。SNS時代の女子高生たちが、“性”の悩みや疑問に真正面から取り組む同ドラマ。藤原は潔癖系母・清野亜紀に扮している。

藤原紀香、性に潔癖な母役を好演 役作りは実体験から「語ることをタブー視」
番組をみる »

 同級生で彼氏の堀田劉生(新原泰佑)から部屋に誘われた清野咲良(永瀬莉子)は、親友の原紬(田鍋梨々花)と皆川祐奈(秋田汐梨)に相談。それまで母・亜紀(藤原)が用意した子供っぽい下着を着用していた咲良は、初体験に見合った女性らしい下着を購入する。亜紀には今後自分で下着を選ぶと宣言するが、娘を子供扱いする亜紀は理解を示そうとはしない…。

藤原紀香、性に潔癖な母役を好演 役作りは実体験から「語ることをタブー視」

 食卓のテレビに性的なシーンが流れると、すかさずチャンネルを変える。年頃の娘の部屋に躊躇なく入り、娘のSNS相手を遠回しに詮索。咲良の下着類もすべて管理し、17歳の思春期娘に対して“子供”という印象をいまだ拭えないでいる。娘の視点で見ると亜紀の行動は過干渉だが、親目線で見ると経験値の低い娘を守りたいと思う慈愛ゆえの行動にも映る。「背伸びしたい娘の気持ちもわかる。でも…」という葛藤をさりげない会話の端々から感じさせる。極端に針が振り切れていない、絶妙なところを突く藤原の立ち振る舞いは上手い。「ウチの親、こんな感じ!」という現役女子高生の声が聞こえてきそうだ。

藤原紀香、性に潔癖な母役を好演 役作りは実体験から「語ることをタブー視」

 しかし実際の藤原は、タブー視されがちな日本の性教育に対してクエスチョンマークを突き付けている人。ゆえに本ドラマ出演を機に「欧米に比べ遅れているといわれている今の日本の性教育の在り方が今後、時代の流れに合わせ少しずつでも変わるきっかけになるのではないか。性教育は子どもの未来を守るものであり人間教育の一環」と改めて実感している。

藤原紀香、性に潔癖な母役を好演 役作りは実体験から「語ることをタブー視」
 リアルな母親像を体現できたのは自身の経験が反映されているから。藤原は、同ドラマ放送にあたり「今回、つとめる母親の亜紀は、実家の母の考え方とかぶるところが多かった。学校は性のメカニズムくらいしか教えてくれなかったので、両親に聞くしかなく、しかし両親にはそんな話の雰囲気を醸し出すこと自体がNG。特に父親は厳格で怖かった。かといって母も相談に乗ってくれるわけではなく、揃って性に関して語ることをタブー視していたので、不安はいっぱいでした」とコメントを出している。高校時代の藤原も、現代女子高生同様に悩んでいたわけだ。

 だから自分事として本ドラマの切り込んだ内容に理解を示す。「今はネットでも正しいことも誤ったことも多くの情報が手に入る時代。だからこそ、正しい知識とその責任を学んでおくことで、未来も変わります。性に悩めるティーンだけではなく、子を持つご両親や、これから親になっていく方、教育に携わるすべての職についておられる方々など多くの方に見ていただき、このドラマの本当の意義やテーマが伝われば」と切に願っている。

17.3 about a sex - 本編
17.3 about a sex - 本編