現在フリーで活動しているお笑いコンビTKO木下隆行が9月20日、ABEMAのバラエティ番組「チャンスの時間」4時間生放送に出演。番組MCの千鳥・大悟、ノブの2人から愛のあるイジりを受けると、一連の騒動について神妙な面持ちで答えつつ、視聴者からは大ウケ状態になった。

【動画】千鳥がTKO木下に禁断の質問を直撃!

 木下は、後輩芸人とのトラブルがメディアに取り上げられると、その後に長年所属していた事務所を退所。以降はメディア出演がなく、その後はYouTubeに活動の場所を移していた。今回は久々の出演、さらには生放送ということもあり、スタジオ入りから緊張した面持ちが伝えられていた。

 千鳥の大悟、ノブのどちらかが1対1のインタビューをするという企画で、視聴者投票によりインタビュワーはノブに決定。4時間生放送の締めくくりとして、ついに木下に直撃する瞬間が訪れた。

 険しい表情を浮かべて長時間待っていた木下に、ノブは大悟の指示のもと「サンダルで来たんですね」「そういうところかもしれません」と、ジャブを開始。おもむろにペットボトルでお茶を飲むと、咳き込んだ後に「これが当たったら痛いだろうなぁ」と、ノブは指示通りに動いてみせた。

 その後も大悟とノブのコンビは、デリケートな話を聞きつつも、コントで使うお面を渡して話させるなどやりたい放題。その上で「まだふざけていい時期かどうかわかってますか?」と突き放し、木下を沈黙させると、視聴者のコメント欄はそのやりとりで爆笑の渦に。「大成功だわ」「やっぱ芸人」「めちゃくちゃ面白いwwwww」「どういう感情の表情だよwww「これ木下の再生企画やんけw」と大盛り上がりだった。

(ABEMA/チャンスの時間より)

TKO木下、久々のメディア出演
ABEMA