米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(以下:SSFF & ASIA)のアワードセレモニーが9月27日、東京・明治神宮会館にて開催され、ナビゲーターを務めるGENERATIONS from EXILE TRIBEが登壇。EXILE HIRO、SSFF & ASIA代表の別所哲也、作詞家の小竹正人によるコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS project」の第4弾「昨日より赤く明日より青く -CINEMA FIGHTERS project-」が、2021年に全国の劇場で公開されることが発表された。

 「昨日より赤く明日より青く」のラインナップは全6作品で、各作の監督がリモートで出演したほか、主題歌アーティストも発表された。舞台に登壇したEXILE HIROは「今回初めて、GENERATIONSというチーム全員でCINEMA FIGHTERSとコラボさせていただきます。素晴らしい監督の皆さんにメンバーの個性を引き出してもらえたらなと思います」と説明した。

▶映像:GENERATIONS生放送でリモート出演!仕掛け人のはずが‥メンディーまさかの逆ドッキリで放心

 佐野玲於が主演を務める作品ではSABUが監督を務め、KAZUKI(DOBERMAN INFINITY)が主題歌を担当する。佐野は「もともと、自分は映画を観に行くことが好きで、SABU監督のいちファンでした。今回タッグを組ませていただくことはすごく光栄なことです。作品はパンクな若者の姿を描いた内容なんですけど、SABU監督の第一印象も“この人パンクだな”でした(笑)。そんな監督とやり取りさせていただいて、役を掴むのにそれほど時間がかからなかったというか理解しやすかったです」と撮影を振り返った。

 関口メンディー主演作は新城毅彦が監督を務め、数原龍友(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が主題歌を歌う。作品は新城監督曰く“結構素敵なラブストーリー”とのことだが、関口は「新城監督は以前、白濱(亜嵐)と片寄(涼太)と映画を撮っていたんですけど、2人と僕は全然違うタイプの人間なので、撮影前は“僕に出来るかな”と不安な部分がありました(笑)」と赤裸々な思いを明かした。数原は「メンバーであるメンディーくんの作品に音楽で携わることが出来て、すごく光栄です」と喜んだ。

 白濱主演作は山下敦弘が監督を務め、DEEP SQUADが主題歌を担当する。本作は切ないラブストーリーとのことのだが、白濱は「ここ最近、貴族だったり大富豪だったりを演じてきましたけど、今回やらせていただいた役はとにかくナチュラルさを意識しなくてはいけないキャラクターでした。改めてお芝居の基礎の部分を見つめ直すことが出来て、すごく素敵な体験ができたなと思います」と振り返っていた。

 中務裕太主演作は森義隆が監督、伶が主題歌を担当する。今作の撮影を振り返り、「森監督とお会いした時、僕のキャラクターをすぐ理解してくださって、僕の素に近い役を用意してくださいました。お陰で僕自身すごくリラックスしながら演じることが出来ました」と明かした。

 片寄主演作は真利子哲也が監督を務める。撮影はまだ行われていないとのことだが、片寄は「今回、セリフの半分は英語だったりするので、今は撮影に向けて役作りを行っているところです」と作品の断片について説明した。なお、同作の主題歌も片寄が担当するという。

 小森隼主演作は久保茂昭が監督を務め、iScreamが主題歌を担当する。こちらも撮影はスタートしていないとのことだが、久保監督は「隼はデビュー時期から知っているので、まだ見たことのない隼の姿を描けたら」と語り、小森も「10代から知っている久保監督が思い描く僕の“見えない部分”はどんなところなのか、そして久保監督の描く映画がどんな風になるのか、今からワクワクしています」と期待に胸を膨らませた。

 最後にEXILE HIROは「今回のプロジェクトは僕自身もすごくワクワクしています。来年公開予定ですが、その頃には今までにないようなイベントだったり、プロモーションだったり、面白いエンターテインメントを皆さんのお届けしたいと思っています」とファンに呼びかけていた。

GENERATIONS全員参加、シネマファイターズ プロジェクト第4弾「昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-」2021年劇場公開予定

テキスト・撮影:中山洋平

GENERATIONS生放送でリモート出演!仕掛け人のはずが‥メンディーまさかの逆ドッキリで放心
GENERATIONS生放送でリモート出演!仕掛け人のはずが‥メンディーまさかの逆ドッキリで放心
TETSUYA・直己・亜嵐とLIVE×ONLINE振り返りSP
TETSUYA・直己・亜嵐とLIVE×ONLINE振り返りSP