先月25日に開かれた自民党の会議で杉田水脈衆議院議員が「女性はいくらでもうそをつける」と発言したとして非難を浴びていた問題。

・【映像】自民議員の失言はどこまで許される?

 1日、杉田議員は自身のブログに「今回改めて関係者から当時の私の発言を精査致しましたところ、ご指摘の発言があったことを確認しました」「女性を蔑視する意図はまったくございません」「嘘をつくのは性別に限らないことなのに女性のみが嘘をつくかのような印象を与えお詫び申し上げます」と投稿した。

 発言が報じられた当初は事実関係を否定していた杉田議員だが、複数の出席者が発言があったことを認めており、今回のブログでも慰安婦関係の民間団体の女性代表者の資金流用問題の例を挙げて、何事も聖域視することなく議論すべきだという趣旨の発言の中で出たものだと釈明した。

 2018年にも月刊誌に「子どもを作らないLGBTは生産性がない」と寄稿し物議を醸した杉田議員。今年1月の衆院本会議でも、選択的夫婦別姓の必要性を訴える国民民主党の玉木代表に「だったら結婚しなくていい」という野次を飛ばしたと指摘されていた。

■発言には根拠が薄いが…

 オンラインサロン『田端大学』を主催する田端信太郎氏は「杉田議員を庇うつもりはさらさらないが、一般論として自民党の部会は非公開の場であるはずだ。そこでの発言が外に出てきたということは、彼女の足を引っ張ってやろうというような、政治家同士のバトルもあるのかもしれない。彼女としてはこういう発言をすることで、“内申点”を稼ごうとしたのかもしれないし、“仲間内の話だったのに…”という思いもあるかもしれない」と推測する。

 「かつてアメリカでは“黒人のIQは白人やアジア人よりも統計的に低い”という事実を指摘した『ベルカーブ』という学術本が、“だから黒人は差別してもいい”と言ったわけでもないのに大炎上したことがあるが、だからといって本を発禁処分にさせたり、著者を辞めさせたりすることで黒人の平均IQが上がるかといえばそうではない。“Aさんという女性は、近くにいた男性を痴漢の加害者だとして訴えたが、実は狂言だったということがありました”、“Bさんという女性は…”、“Cさんの場合は…”と実例を挙げた上で、“すべての女性が嘘をつかないとは限らない”というような言い方をしたらどうだろうか。それならあくまでも事実を述べているわけで、女性蔑視でも何でもない。そういう根拠があって言っているのであれば、その根拠がどうなんだという議論になったはずだが、彼女にはそれがない」。

 その上で、「そもそも失言を繰り返す人は直らない。そうであれば、自民党として比例名簿の上位に置いておくのはどうなのかと、幹部が判断するしかない。それでも、仮に次の選挙で比例ではなく選挙区でトップ当選したとしたらどうなるのだろうか。例えばかつて石原慎太郎氏は“閉経してしまったら子どもを生む能力はない”という発言をして非難を浴びたが、それでも都知事選では女性票が入ったし、トップ当選してしまった。これは深いテーマだと思う。トランプ大統領がウケているのも、同じ構造、つまり本音で思っていることを言えなくなるのは本当に良いことなのか、という風潮もあると思う」と指摘した。

■「思想があるなら説明すればいいのではないか」「能力や実績を見せて欲しい」

 今回の問題について、森山国対委員長が「報道のような発言があったとすれば、極めて遺憾なこと」、下村政調会長は「発言について、その真意が正確に伝わるよう、より丁寧な説明をすることが必要であると口頭で注意した」と、党幹部も発言。さらに加藤官房長官は「政治家が自分の行動言動に責任を持って対応することは当然のことだと思っている」、橋本聖子男女共同参画担当相は「党としてしっかりした形を取るのは必要ではないか」と閣僚も言及している。

 紗倉まなは「差別的な思想を持っていることが垣間見える人は議員になるべきではないのか、そうであっても垣間見せなければ議員になっていいということなのか、とても深いテーマだと感じる」、フリーアナウンサーの柴田阿弥は「人を傷つけることは許されることではないと思うが、思想は自由だし、政治家として活動するのも自由だと思う。公人である以上、自分の言動について説明するのは当然のことだし、思想があってのことなら、それを逃げずに説明すればいいのではないか」とコメント。

 また、お笑いコンビ・EXITの兼近大樹は「支持している人たちが周りにいるからこそ、こういうことを平気で言ってしまうのだと思うし、こういう発言によって新たに得られる支持もあると思う。そこを意識して言ったということなのか気になる。どうしても“失言をした人”というイメージが強いが、そもそも何かの能力があったり、実績があるから党にいるはずなので、そこを見せて欲しい」と話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

自民議員の失言はどこまで許される?
ABEMA