佐藤詩織、“欅坂46”ラストライブを持ってグループを卒業「創ったものを届けられる日が来るように精進したい」
番組をみる »

 アイドルグループ・欅坂46の佐藤詩織(23)が、今月12、13日に行われる“欅坂46”としてのラストライブをもってグループから卒業することが9日、公式サイトで発表された。

 佐藤は、2015年8月に欅坂46第1期生オーディションに合格。去年、美術大学を卒業し、今年1月には留学のために活動を一時休止することを発表した。しかし、新型コロナウイルス感染拡大を受けて留学が延期となり、5月にグループ活動に一時的に参加することを発表していた。

 更新したブログで卒業を改めて報告した佐藤は、このタイミングでの卒業発表となったことについて「これからを考えた時に、情勢が安定したらやはり留学はチャレンジしたいですし、でも折角新しくなった坂で、みんなが頑張っていく中で、わたしがまた途中で抜けたりする事は、メンバーにもグループにも申し訳ないし迷惑をかけてしまうかもしれない。それは、絶対に嫌だなと思いました」と説明。卒業後の進路については「まだ詳しく決めているわけではない」としつつも、「何となくやりたいことはあり、いつかまた皆さんとお会いすることが出来る様に、ずっと待って下さっているファンの皆さまに、わたしの創ったものを届けられる日が来るように、精進したいなと思います」と決意を綴った。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

佐藤詩織 欅坂46卒業を発表
佐藤詩織 欅坂46卒業を発表