NMB48吉田朱里「キャピキャピした姿を“推しカメラ”で楽しんで」卒業コンサートの見所語る
番組をみる »

 NMB48(以下:NMB)吉田朱里の卒業コンサート『NMB48 吉田朱里卒業コンサート ~さよならピンクさよならアイドル~』が10月24日、「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて生配信される。

 2010年10月からNMBのオープニングメンバーとして活動をはじめた吉田。グループの活動に加え、ファッション誌「Ray」の専属モデルや美容系YouTuberとしても活動し、80万人を超えるYouTubeチャンネル登録者数を誇る。今回ABEMATIMESでは、卒業コンサート前の吉田を直撃。卒業コンサートの見どころについて聞くと、吉田から「初期から応援してくださるファンの人は絶対にエモくなる曲をやります。そこでのキャピキャピした姿をABEMAで楽しんで欲しいです!」という発言が飛び出した。

尽きない向上心があったからこそここまで来られた

NMB48吉田朱里「キャピキャピした姿を“推しカメラ”で楽しんで」卒業コンサートの見所語る

ーーNMBの1期生としてデビューして10年が経ちました。ここまでアイドル活動を続けて来られた原動力は吉田さん自身、どんなところだと感じていますか?

吉田:小学校2年生から芸能界を目指していたんですけど、ずっと応援してくれていた家族の存在がとにかく大きいです。あとは、どんなことにおいても簡単には満足しないこの性格。貪欲さというか、“まだ上にいける・この先がある”と自分に期待するタイプなんです。尽きない向上心があったからこそ、ここまで続けて来られたんだと思いますね。

ーー以前、“何となく受けたオーディションに合格してNMBに入った”という発言もありましたが、自分の中でのアイドル人生を振り返ってみていかがですか?

吉田:加入した頃は、自分自身アイドルというのにピンと来ていなかったんです。そして実際アイドルになってみたら、すごく大変でした(笑)。その一方で、やりがいはすごく感じられて、アイドルだからこそ何かに縛られず、何にでも挑戦できたように思います。それこそバラエティや、歌にお芝居。専属モデルも務めることが出来ました。自分の人生の選択肢がものすごく広がったと感じています。

ーーなるほど。

吉田:多分これって、アイドルだからこそ出来た経験だと思っています。例えばモデルとして活動を始めたら、モデルのお仕事がメインになっちゃうんじゃないかなって。でもアイドル…特に48グループは無限に表現させてくれるというか。そういう中で活動出来たので様々な経験を積むことが出来ました。これは自分にとってすごく大きかったと思います。

自分にフィットする場はYouTubeだった

NMB48吉田朱里「キャピキャピした姿を“推しカメラ”で楽しんで」卒業コンサートの見所語る

ーー活動を続ける中で、ライバルだと感じていたメンバーはいましたか?

吉田:うーん…それこそ、同期はみんなライバルだと思っていました。その時その時によって違うんですけど、後輩が入ってきたら私たちが必然的に先輩になって、フレッシュなパワーにはどうしても勝てない……それに対して悩む時期も何年間かあったけれど、YouTubeという表現方法が見つかってからは、そういう感情から解き放たれました。誰がライバルというよりは、常に自分自身との戦い、そんな考えに変化しましたね。

ーー試行錯誤した結果、YouTubeという自分にフィットする場が見つかったわけですね。

吉田:そうですね。2010年にアイドル生活をスタートして、2016年の頭からYouTubeを始めたんですけど、その6年間は“アイドル向いてないな”という気持ちに襲われることは多かったです。でも芸能界しか夢見た場所がなかったので、辞めるという選択も出来なかった。特にその期間はまだ同期も多数いたので、“まだいてもいいかな”という甘えがありました。でもちょうどグループが6年目の活動に入るときにめっちゃ同期が卒業したんですよ。卒業が続いていく中で、たまたま始めたのがYouTubeでした。だったら最後にYouTubeを頑張って、これが無理だったら、芸能界も諦めようと思っていました。

NMB48吉田朱里「キャピキャピした姿を“推しカメラ”で楽しんで」卒業コンサートの見所語る

ーーそれくらいの覚悟だったんですね。

吉田:まぁなんとなく始めたというのが正解ですけど(笑)。以前、ヒカキンさんが「(YouTubeの投稿は)ゴールのないマラソンのようなもの」と仰ってましたけど、本当にそうで。私は自分で撮影も編集もしているんですけど、ちょっとでも自分がサボれば結果に出てしまうし、一方で面白い動画をあげれば反響をもらえます。サボるのは簡単やけど、続けるのも難しかったりするじゃないですか。でも、なかなか日の目を浴びなかった6年間を自分が知っているからこそ、ちょっとでもサボればまたあの場所に戻ってしまう…それが嫌で、YouTubeを始めた数年間は頑張っていられましたね。

卒コンでは初期の“あの曲”をフレッシュにお届け

NMB48吉田朱里「キャピキャピした姿を“推しカメラ”で楽しんで」卒業コンサートの見所語る

ーー10月22日には吉田さんの卒業特番がABEMAにて放送。NMBと縁の深いフットボールアワーの岩尾望さんがMCを務め、NMB・1期生の白間美瑠さん、4期生の渋谷凪咲さんらが登場します。そして10月24日にはついに卒業コンサートが行われるわけですが、改めてその日はどんな時間にしたいと思っていますか?

吉田:アイドルとしてやり残したことは卒業コンサートだけです。これが出来たら悔いなくグループを卒業できると思います。いろんな仕事をやらせてもらって、自分の夢もたくさん叶ったけれど、アイドルとして1番好きな空間はライブなんです。それが最後、自分のためのライブというのはほんまにうれしいです。集大成なので、とにかく楽しみたいと思います。

ーー吉田さんにとって、ライブはどんなところが魅力なんですか?

吉田:アイドルの一番の芯になる部分やと思っています。特に48グループの軸は、ライブと握手会です。ずっと劇場公演もやってきましたし、私は歌うのも踊るのも好きなんです。その場で作り上げる空気感というのもライブならではだし、同じセットリストでもその日によって雰囲気が全然違うんですよ。ステージから見える景色も日々変わります。それはやっぱりライブならではのものだと思います。

ーー「ABEMA PPV ONLINE LIVE」では吉田さんのパフォーマンスのみを映し続ける“推しカメラ”が用意されます。

吉田:ねっ! どうなるんやろ。めっちゃ楽しみです。

ーーよければABEMAで見るファンの方に注目して欲しいポイントを教えていただけませんか?

吉田:えー…! なんやろ。でも、ライブの最初の方に、初期から応援してくださるファンの人なら、絶対にエモい気持ちになる曲をやります(笑)。その曲をパフォーマンス中、私はその日1番キャピキャピしようと思っています。フレッシュさは初期の頃のまま、お届けするつもりです。

ーーそれは吉田さんにとっても思い入れのある曲?

吉田:思い入れはありますね。たくさん曲がある中で“卒業コンサートで何をやろう”と考え始めた時に、絶対セットリストに入れたかった曲です。ぜひ、そのキャピキャピした姿をABEMAの“推しカメラ”で楽しんで欲しいです!

■特別番組『NMB48吉田朱里あさって卒コン!さよならアイドル 卒業直前のアカリン独占...60分』

MC:岩尾望(フットボールアワー)

出演者:吉田朱里(NMB48) / 渋谷凪咲(NMB48) / 白間美瑠(NMB48) / パパラビーズ / 大関れいか

配信日時:10月22日(木)夜7時~

配信チャンネル:ABEMA SPECIAL

視聴URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/AC3faVxpnaFYzT

■『NMB48ライブ@大阪城 生配信!卒業する吉田朱里推しアベマ独占増設カメラ放送』 

配信日時:2020年10月24日(土)夜6時~

視聴料金:ABEMAコイン3,000コイン(3,600円相当)

販売期間:2020年9月30日(水)夕方5時~11月1日(日)夜11時59分

視聴購入URL:https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/E8FGSFhTjzYwKm

詳細はこちら:https://programnews.abema.tv/posts/10466877

※なお、同卒業コンサートは政府の定める感染症対策ガイドラインに従い入場人数を制限した上で有観客で開催される。

(文 中山洋平 / 写真 藤本和史)

NMB48吉田朱里「キャピキャピした姿を“推しカメラ”で楽しんで」卒業コンサートの見所語る