10月24日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.5が放送され、俳優の若林拓也の恋愛模様に注目が集まった。

恋も芝居も自信喪失…若林拓也、オーディションに落ち悔し泣き『ドラ恋』act.5
番組をみる »

▶︎動画:恋も芝居も自信喪失…若林拓也、オーディションに落ち悔し泣き

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美、あ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

恋も芝居も自信喪失…若林拓也、オーディションに落ち悔し泣き『ドラ恋』act.5

 意中のさちかと2回目のペアになることができたたくやは、主役の座を狙い気合十分。オーディション当日の朝も、さちかと第2話のドラマでキスをしたコージへ鋭い視線を送り、闘志をメラメラと燃やしている様子だった。

恋も芝居も自信喪失…若林拓也、オーディションに落ち悔し泣き『ドラ恋』act.5

 しかし、オーディションの結果、主役に選ばれたのはまなみ&けいのペア。この結果にたくやは、「ほんっとに絶対、死んでもとるからって宣言もしちゃってたから。だっさと思って」と悔しさをにじませ男泣き。さらに、「やっぱりどうしても自信なくなってきちゃうなっていうのも感じ始めてて」「もう俺と組まない方がいいよって思いました」「だからちょっと選べないですね。自分が(くじで)一番引いても(さちかを選ぶことに)躊躇しちゃう。申し訳ない」と恋愛でも芝居でも自信を喪失してしまったことを明かした。

 次回、男子からの中間告白。さちかへの一途な想いをぶつけてきたが、ここにきて迷いがでてきたたくやは、どう動くのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.6は10月31日の放送だ。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 5話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 5話