ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話
番組をみる »

 10月25日(日)よる10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』#11が放送。マサの復活がかかった映像作品の審査は、無事に合格となった。しかし、喜びに浸るメンバーたちに待っていたのは、衝撃の結末だった。

▶映像:ひとみ、泣きながら「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然

『オオカミくんには騙されない』とは

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

 『オオカミくんには騙されない』は、真実の恋をしたい男女が、デートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。ただし、男性メンバーの中に最低1人以上、好きなフリをして真実の恋を惑わす “オオカミくん”が紛れ込んでいる。

 女性メンバーは、中澤瞳(ひとみ/21歳)、染野有来(ゆら/20歳)、松永有紗(ありさ/22歳)、佐藤ノア(ノア/23歳)、世良マリカ(マリカ/17歳)。男性メンバーは、Masafumi(マサ/22歳)、Kaito(カイト/19歳)、平原颯馬(そうま/18歳)、押田岳(がく/23歳)、藤枝喜輝(よしき/18歳)。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務め、第11話は白濱亜嵐をゲストに迎えた。

マサ復活なるか?映像作品が合格しメンバー歓喜

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

 脱落したマサが復活するためには、「落ちないで投票」の票数が「オオカミくん投票」を上回っていなければならない。ただし「落ちないで投票」の開票は、メンバーたちの映像作品が審査に合格することが条件とされていた。マサの脱落後、残されたメンバーたちは、以前にも増して映像作品の制作に力を注いできた。そしてついに、マサを除く9人の作品が完成した。

 審査を担当したのは、世界15カ国以上の49人の人々。メンバーと49人の審査員がリモートで繋がり、審査が行われた。審査員は合格と判断した場合、画面に赤いものを映すことで投票。49人中45票を獲得すれば合格だ。

 合格基準を聞かされると、がくは「シビアだな」とポツリ。他のメンバーたちも不安そうな表情を浮かべた。しかし蓋を開けてみると、審査員たちが映るスクリーンは一面真っ赤に染まり、満場一致で合格という結果に。メンバーたちは涙を流して喜び、円を組みながら「あとは待つだけだ」「マサ帰ってきて」などと口々に言った。

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話
ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

赤い手紙の内容に衝撃!「落ちないで投票は無効」その理由とは…

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

 メンバーたちは合格を祝い、アトリエの庭でパーティーを楽しんだ。クラッカーを鳴らし、泡をつけ合い、ここぞとばかりにはしゃぐメンバーたち。だが、パーティーを終え室内へ戻ると、9人の表情が一変。そこには赤い手紙を持った、“オオカミくん”人形が置かれていた。

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

 赤い手紙は、ノアが読み上げた。手紙の一枚目には、「落ちないで投票」を開票する権利が発生したと記されていた。ここまでは想定通りだ。だが、二枚目には「しかし残念ながら今回は、落ちないで投票は無効となることが決定しました」と衝撃的な告知が。さらに、三枚目を目にしたノアは思わず「え…」と声を漏らした。「落ちないで投票」が行われない理由として「脱落メンバーが規定違反によって失格したため」と書かれていたのだ。

 メンバーたちの間に動揺が広がる中、ひとみが泣き出した。「本当にごめんなさい」。ひとみはメンバーたちに頭を下げ、「みんなに言えなかったんですけど、マサはシンデレラタイムの時に、私に自分の正体を明かしちゃった。オオカミだったって…。だからマサは戻って来ない」と、これまで1人で抱えてきた秘密を告白。その瞬間、MC陣は口々に「えっ!」「嘘でしょ!?」などと驚きの声を上げ、スタジオは騒然とした雰囲気に包まれた。

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

 脱落発表後、マサから“シンデレラタイム”の相手に指名されたひとみは、最後のデートへ出かけた。その際、マサは別れ際に「1個、最後に伝えたいことがあって。2人の内緒にしてほしいんだけど、実はオオカミだったんだ」と自らの正体を明かしていたのだ。さらに「でも正直、そういうの関係なく好きになっちゃった自分がいた」と、ひとみへの想いは本物だったことを告白。号泣するひとみに、マサは「だから気兼ねなく恋愛してほしいです」と言い残し、去っていった。

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話
ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

 その翌日、ひとみはアトリエに置かれていた赤い手紙を読み、マサが失格になったという現実を突きつけられることに。「シンデレラタイムに選ばれた女子には、最終日に脱落者がオオカミくんだったかどうかを知る権利が与えられます。ただし今回は脱落者が自らオオカミと告白したため、失格となり復活はありません」。ひとみが泣いていたのは、このためだったのだ。

ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話
ひとみ、「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミくんでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然『オオカミくん』第11話

 最終告白を前に発覚した、マサが“オオカミくん”だったという衝撃の事実。メンバーたちのこの夏の恋は、前代未聞の展開を迎え、最終回に突入することになった。気になるのは、マサ以外に“オオカミくん”がいるのかということ。9人の恋の結末、そして“オオカミくん”の謎は、11月1日(日)よる10時~放送の『オオカミくんには騙されない』#12で明らかになる。

ひとみ、泣きながら「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然
ひとみ、泣きながら「本当にごめんなさい」「マサくんはオオカミでした」まさかの衝撃告白…メンバー呆然
オオカミはまだいる?マサが残した疑惑
オオカミはまだいる?マサが残した疑惑