「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…本番で開花するか?『主役の椅子はオレの椅子』
番組をみる »

 俳優育成オーディションバトル『主役の椅子はオレの椅子』#7が、10月28日(水)夜10時~ABEMAにて放送。7日目の総合ランキングで最下位になってしまった曽田陵介に、講師の丸尾が苦言を呈する場面があった。

▶映像:「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…

 『主役の椅子はオレの椅子』は、2.5次元ミュージカルを数多く手掛ける「ネルケプランニング」とABEMAがタッグを組んで贈るオーディション番組。若手俳優たちが舞台の主役の座をかけて臨む、オーディション合宿の模様を追っていく。今回の合宿で講師を務めるのは、「劇団鹿殺し」所属の演出家・丸尾丸一郎。候補者たちは、審査ごとに設けられているポイントが加算されることで評価され、1日が終わる度にランキング最下位の者が脱落していく。

 勝ち残った10人に与えられるのは、オリジナル作品の舞台への出演権。さらに、主役の座を勝ち取った者は、『20世紀少年』『SPEC』『トリック』シリーズなど、日本を代表する作品を手掛けてきた堤幸彦氏が監督を務める映画の出演権も手にすることができる。番組MCを務めるのは、尾上松也石田明NON STYLE)、生駒里奈

7日目時点で最下位の曽田、練習中に脱落を忠告され…

「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…本番で開花するか?『主役の椅子はオレの椅子』

 ABEMAの恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演し、一躍注目を集めた曽田。俳優としてのブレイクを狙い、オーディションに参加した曽田だったが、徐々に順位を落とし、7日目でついに最下位に転落してしまった。7日目の審査は、5人ずつ3つのグループに分かれ、約8分の短編演劇を演じるというもの。曽田としては、何としてもこの審査で挽回したいところ。練習に与えられた時間はわずか1時間。候補生たちは早速台詞の練習を開始し、講師の丸尾も指導をして回った。

 舞台の登場人物は、文化祭で演劇をすることになった5人の高校生。そのうちの1人がネット掲示板にある書き込みを見つけるところから、物語は始まる。曽田は悪口を書き込んだ犯人だと決めつけられ、怒りを露わにする役どころ。曽田が台詞を練習していると、丸尾から厳しいダメ出しが飛んだ。「曽田さ、このままだと落ちるよ」。丸尾はそう忠告した後、「落ちたくないっていう気持ちを何で出すか、もっと見せてほしいんだよね。落ちない唯一の方法はここでどれだけ爆発するか」と改善点を指摘。もう1度やり直すように命じた。

「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…本番で開花するか?『主役の椅子はオレの椅子』
「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…本番で開花するか?『主役の椅子はオレの椅子』

 再び台詞を読み上げた曽田だったが、丸尾は「声が小さい」とピシャリ。「キレるところはもっとキレる」と指示を出した。

いよいよ審査本番!曽田は成長を見せられたのか?

「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…本番で開花するか?『主役の椅子はオレの椅子』

 こうして迎えた審査本番。曽田は少しずつ怒りがヒートアップしていく様子を表現し、最後はがなり声を上げながら、勢いよく相手に掴みかかった。なお今回の審査では、候補生自身が主役にふさわしいと思う者に投票する形で、採点が行われた。果たして曽田の芝居は、候補生たちの目にどう映ったのだろうか…?続きはABEMAビデオで配信している。

 次回、候補生たちは過酷な精神力審査に臨む。『主役の椅子はオレの椅子』#8は、11月4日(水)夜10時~放送。なお、短編演劇のフルバージョンはABEMAビデオで公開中。さらに『主役の椅子はオレの椅子』公式ブログでは、19人の若手俳優が合宿中の心境を赤裸々に綴っている。

「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…
「このままだと落ちるぞ」崖っぷちの『オオカミ』出演者・曽田陵介、キレ演技に苦戦…
初の舞台審査/全3組の本気演技ノーカット版
初の舞台審査/全3組の本気演技ノーカット版
主役の椅子はオレの椅子『【ニイミ】 #7 脱落...』
主役の椅子はオレの椅子『【ニイミ】 #7 脱落...』
「主役の椅子はオレの椅子」 Powered by Ameba
主役の椅子はオレの椅子『【さとるん】脱落』
主役の椅子はオレの椅子『【さとるん】脱落』
「主役の椅子はオレの椅子」 Powered by Ameba