よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回
番組をみる »

 11月1日(日)よる10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』の最終回が放送。脱落したマサの他にもう1人、“オオカミくん”は存在していた。それは、マサと同じくひとみにアプローチをかけていた、よしきだった。この夏のひとみの恋は、衝撃的な結末を迎えた。

『オオカミくんには騙されない』とは

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

 『オオカミくんには騙されない』は、真実の恋をしたい男女が、デートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。ただし、男性メンバーの中に最低1人以上、好きなフリをして真実の恋を惑わす “オオカミくん”が紛れ込んでいる。

▶映像:よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句

 女性メンバーは、中澤瞳(ひとみ/21歳)、染野有来(ゆら/20歳)、松永有紗(ありさ/22歳)、佐藤ノア(ノア/23歳)、世良マリカ(マリカ/17歳)。男性メンバーは、Masafumi(マサ/22歳)、Kaito(カイト/19歳)、平原颯馬(そうま/18歳)、押田岳(がく/23歳)、藤枝喜輝(よしき/18歳)。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

「何があっても嫌いにならない」ひとみの言葉によしき涙

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

 最終告白を目前に控える中、ひとみは「月LINE」でよしきをデートに誘った。公園でバドミントンや縄跳びを楽しみ、無邪気に笑顔を弾けさせる2人。ひとしきり体を動かしたところで、ひとみは「ちょっとやりたいことあるからあっち向いてて」と言い、よしきの元を離れた。1人になったよしきは、突然四つ葉のクローバー探しを開始。その様子を見たひとみは「かわいいな、ホント」と愛おしそうに微笑んだ。

 「ちょっと見せたいものがあるから」と、ひとみがよしきを連れて行った先には、どんぐりを並べて作ったハートが。よしきは以前、ひとみにアピールするために、合計12キロもの道のりを走り、ハート形の“GPSアート”を描いた。どんぐりのハートには、よしきへのお返しの気持ちが込められていたのだ。

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回
よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

 その後ひとみは「今日はよしきの笑顔が見たくて使った」と、「月LINE」を送信した理由を説明。よしきが「今めっちゃ楽しいよ。2人で一緒にいる時間がめちゃめちゃ幸せ」としみじみ言うと、ひとみも「うちも幸せ」と返し、笑顔を見せた。

 だが、楽しい2人のデートは、ひとみのある質問をきっかけにシリアスな展開に。前回の放送でよしきは「月LINE」の使用を宣言するメッセージを送信。しかし、誰を誘ったのかは明かされていなかった。ひとみが「よしきの月LINE、聞きたいな」と切り出すと、よしきは「俺の言えることとしては、マリカには使っていない」とだけ返答。何かを察したのか、ひとみの表情が曇った。

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

 そしてひとみは「この夏はよしきのおかげで、本当に楽しかった。よしきの気持ちもすごい伝わったし、何があっても嫌いにならないし、後悔もしないから、そんな考え込まないで。悲しまないで、1人で」と語りかけ、これを聞いたよしきは涙目に。「泣かないで」と心配するひとみに、よしきは何度も「大丈夫」と言い、「これドライアイ」と笑顔を作った。

 「辛い時は一緒に寄り添いたいし、これからも楽しい時は一緒に楽しみたいし、それが俺の今の想いです。本当にこれからもできるものならひとみちゃんの側にいたいし、一緒に思い出作りたいなって思ってる。それが一番伝えたいかな」。よしきはひとみに現在の想いを伝え、デートの最後は別れを惜しむように、何度も手を振っていた。

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

赤い風船は空へ…よしきが手紙に記した苦しい胸の内

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

 こうして迎えた、最終告白。ひとみは“オオカミくん”の着ぐるみを着たよしきの前に歩み出ると、「よしきと一緒に過ごした時間が本当に楽しくて。よしきのかけてくれる言葉は本当に私の支えになっていたし、いつも本当に真っすぐに言葉を伝えてくれて、すごく嬉しかったです」とこれまでの日々を回想。続けて「ずっと想い続けてくれてありがとう。よしきのことが好きです」と想いを告げ、「オオカミくんじゃないって信じてます」と手を差し出した。

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

 しかし“告白OK”の証である赤い風船は、ひとみの手に渡ることなく、無情にも空へ飛んでいった。よしきがその場を立ち去ると、ひとみは涙で声を震わせながら「ありがとう」と一言。よしきがひとみに宛てた手紙には、“オオカミくん”という役割を担ってきたよしきの切実な想いと、自責の念が綴られていた。

 「僕はオオカミくんでした。そしてそれがバレるのがずっと怖かった。正体がバレた時、みんなに嫌われてしまうのではないかと思うと、怖くて怖くて仕方なかった。ひとみちゃんが月LINEで誘ってくれた時も、本当は最後まで笑顔でいさせてあげたかった。でも僕にはそれが全然できませんでした。本当にごめんなさい。最後まで弱くて、頼りない男でごめんなさい」

 “オオカミくん”の着ぐるみの中で、よしきはずっと涙を流していたのだろう。すすり泣きながら着ぐるみの頭をとり、よしきは“オオカミくん”としての役目を終えたのだった。

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回
よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回
よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句『オオカミくん』最終回

 なお、最終回の最後に海辺に立っている、赤い風船を手に持った“オオカミくん”が映っていた。だがその直後、一瞬だけ映ったのは、赤いリボンをつけた“オオカミちゃん”の姿だった。果たしてこの映像は何を意味しているのか?続報に乞うご期待!またABEMAプレミアムでは告白成立後のがくとノアのデートに密着した様子が配信されている。

よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句
よしき、オオカミくんだった…涙に暮れるひとみ、スタジオも絶句
恋は続く?それとも… がくノア、告白成立後の初デートに密着
恋は続く?それとも… がくノア、告白成立後の初デートに密着