アニメ「魔法科高校の劣等生」第5話、パラサイトの正体が明らかに「まさかあの子だったとは……!」と驚きの声
番組をみる »

 アニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」第5話では、被害者の体内から血が抜き取られる殺人事件の犯人“パラサイト”の正体が明らかになった。

【動画】パラサイトの正体が判明するシーン(12分50秒ごろ~)

 同アニメは、シリーズ累計1500万部を突破した人気ライトノベル(原作:佐島勤/イラスト:石田可奈)を原作としたシリーズの第2期。魔法が技術として確立された世界を舞台に、“魔法科高校”に通う1組の兄妹と仲間たちの波乱の日々を描く。

 10月31日より順次放送中の第5話「来訪者編V」では、パラサイトの発生原因が明らかになった。さらにパラサイトが“USNA軍魔法師部隊スターズの総隊長”リーナ(CV:日笠陽子)の身近な人物に憑依していたことも判明した。パラサイト本体を倒すため、司波達也(CV:中村悠一)たちが対立していたリーナと共闘する展開もあり、Twitterでは「身内や知り合いに憑かれると厄介ですね」「パラサイトの化物感が凄い…」「お前か~~!!って感じだった」「まさかあの子だったとは……!」「これは予想していなかった…」「鳥肌ヤバかった」といった声が上がっていた。

第05話「来訪者編V」

【あらすじ】

精神に由来する情報生命体であるパラサイト。本来こちらの世界には現れない、異次元の住人である彼らが何故出現したのか? 原因不明の来訪者が魔の手を第一高校へと伸ばす……!

(C)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校2製作委員会

5話「来訪者編V」
5話「来訪者編V」
【無料配信中】1話を見る
【無料配信中】1話を見る