三浦春馬さん主演映画『天外者』(ギグリーボックス配給)の新場面写真がWEBにて解禁となった。

 激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男がいた。その名は五代友厚。武士の魂と商人の才を持つこの男、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた。東の渋沢栄一、西の五代友厚とも評される功績を挙げながらも、長らく歴史に埋もれていた。近年、多くの人の研究により、その真価が再認識される。「実もいらぬ、名もいらぬ、ただ未来へ…」とひたすら大いなる目標に向かったその志と熱い思いが、時代を超えて今、解き放たれるー。

 圧倒的な熱量で生き抜いた五代友厚を演じるのは主演・三浦春馬。大胆な発想と行動力、そして冷静且、緻密さと優しさを持つ、このミステリアスでさえある人物像をかつて見たことのない迫力と重厚な演技で体現した。取り囲む盟友の坂本龍馬を三浦翔平。豪傑なエネルギーで演じ、新しい龍馬像を切り開いた。龍馬と共に現れ後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を、愛嬌たっぷりの西川貴教。意表を突くキャスティングが、その斬新さと俳優の息のあった演技で魅せた。そして初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を、フレッシュな森永悠希。更に五代友厚の両親として、生瀬勝久と筒井真理子が脇を固め、薩摩の上級武家の品位と葛藤を表す。一方五代友厚の繊細さや優しさを引き出したのが、遊女はる役の森川葵。自由な未来を夢見る。はかなくも強いその姿は、現代を生きる女性の象徴でもある。また五代友厚の志のよき理解者が、蓮佛美沙子演じる妻・豊子。取り巻く女性達もまた、時代の渦の中で五代友厚に重ねた己の人生を全うする。豪華キャストに日本の歴史を鮮やかに彩る偉人・傑物達を絶妙に配役、かつ“扇の要=五代友厚”に、三浦春馬を据えることで、“予測不能なドラマの連続で今も眩しく輝き続ける”五代友厚の熱過ぎる人生を、近代日本の夜明けと共に、瑞々しく壮大な青春群像劇として描き、満を持して世に贈り出す。

 今回、五代友厚(三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)が鬼気迫る顔で背中を合わせている写真や、岩崎弥太郎(西川貴教)と伊藤博文(森永悠希)が、真剣な様子で話し合っている写真が解禁。五代と妻・豊子(蓮佛美沙子)が二人寄り添って字をしたためている写真からは、妻の優しさと五代が唯一心休まる場所が、豊子の隣だったということが伝わってくる。また坂本と岩崎が希望に満ちた目で前を見据える写真や、はる(森川葵)の力強い目線からは、彼らが五代の志と同様に、激動の中で希望を捨てず、夢のある未来を求めて生き抜いたことが分かる。ますます本作に期待の高まる場面写真となっている。

 また、10月30 日(金)に全国の劇場で発売となった前売り特典のオリジナルB5クリアファイル(2万枚)は、反響が非常に大きく、販売初日に完売に。劇場の反応として、他作品と比べても初日に完売というのは異例とのことだ。

ストーリー

江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける―。五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国かー。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった―。

(c)2020 「五代友厚」製作委員会

M 愛すべき人がいて - シーズン1 | ドラマ | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
M 愛すべき人がいて - シーズン1 | ドラマ | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
会社は学校じゃねぇんだよ - 本編 | ドラマ | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
会社は学校じゃねぇんだよ - 本編 | ドラマ | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】