11月7日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.7が放送され、女優の江野沢愛美と俳優の北條慶の恋模様に注目が集まった。

他の男子と泊まるけど、勘違いしないでほしい…江野沢愛美、“同棲ハウス”直前に北條慶に涙の訴え『ドラ恋』act.7
番組をみる »
▶︎動画:他の男子と泊まるけど、勘違いしないでほしい…江野沢愛美、“同棲ハウス”直前に北條慶に涙の訴え
 

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。


 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

 1ヶ月ぶりに共同生活を送るシェアハウスに戻ってきた8人のメンバーたち。再会したのも束の間、稽古ではこれまでに1度も組んだことがない相手とペアを組むことに。中間告白で想いを確かめ合ったまなみとけいは、それぞれ別の人とペアとなった。

他の男子と泊まるけど、勘違いしないでほしい…江野沢愛美、“同棲ハウス”直前に北條慶に涙の訴え『ドラ恋』act.7

 ふうたとペアを組んだけいは、インタビューで「いや~キツいっす。中間告白を経て1ヶ月たった今、恋愛的な気持ちが変わったかっていったらそうでもないから。相手がどういう気持ちかわからないけど、気持ちが全部寄ってるからこそ、別の相手とやるのは恋愛的な面でみたらキツいっすね」とコメント。

他の男子と泊まるけど、勘違いしないでほしい…江野沢愛美、“同棲ハウス”直前に北條慶に涙の訴え『ドラ恋』act.7

 コージとペアを組むことになったまなみも「仕方ないね、こればっかりは」と諦めつつ、「もちろんけいちゃんにも会いたかったし、1ヶ月が長く感じて、それはすごい好意があるから会いたかったし。でも、いざ来たら私が人見知りだからよそよそしくて、何喋っていいかわからなくて」と、けいへの想いは変わらないことを明かした。

他の男子と泊まるけど、勘違いしないでほしい…江野沢愛美、“同棲ハウス”直前に北條慶に涙の訴え『ドラ恋』act.7

 その後、“同棲ハウス”で過ごすペアを決める際に、コージの提案でコージ&まなみのペアが立候補。結局2人が“同棲ハウス”に入居することが決まり、けいは激しく動揺していた。そんなけいを見たスタジオメンバーは、「コージが相手ってのがまた本当に…」「嫌ですね~」「コージくんってうまいから、男子4人の中で一番。やりとりとかコミュニケーション能力も高いし。そういう意味でも男子からすると、好きな人と一緒になってほしくない」と男目線での本音をぽろり。渡辺も「コージ、隙があったらすぐキスしてきそうじゃん(笑)!」と笑いを誘った。

他の男子と泊まるけど、勘違いしないでほしい…江野沢愛美、“同棲ハウス”直前に北條慶に涙の訴え『ドラ恋』act.7

 しかし、そんなスタジオメンバーの心配をよそに、まなみとけいは“同棲ハウス”に入る前にお互いの気持ちを再確認していたようで、けいは「芝居のことを考えたら絶対いったほうがいい」「でも今日、俺は絶対(“同棲ハウス”へ行くことに)手を挙げられなかった」とまなみへ伝え、まなみも「いまもその気持ちだし、楽しみにしてたから今日のこと(会えること)。勘違いしないでほしいと思って」と涙を流しながらけいへの想いを伝えた。

他の男子と泊まるけど、勘違いしないでほしい…江野沢愛美、“同棲ハウス”直前に北條慶に涙の訴え『ドラ恋』act.7

 さらに、お互いのキスシーンを見たくない2人は、「まじで見たくないから、キスシーン。そういう意味ではガチで(主役を)獲りにいくよ」「今回はわたしが獲っちゃう」「ごめん、獲るわ」と言い合いつつ、仲睦まじい様子。そんな微笑ましいやりとりの数々を見たスタジオは、「この2人最高!」「これは両思いだよ!」「かわいい~いいじゃんいいじゃん」「羨ましい!」と絶賛していた。