11月7日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.7が放送され、2人の女性の間で揺れる男性メンバーにタレントの谷まりあが激怒する場面があった。

谷まりあ、2人の女子の間で揺れる俳優にイライラ「ひとつの“ポッ”がいい!」
番組をみる »
▶︎動画:谷まりあ、2人の女子の間で揺れる俳優にイライラ

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美、あ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

谷まりあ、2人の女子の間で揺れる俳優にイライラ「ひとつの“ポッ”がいい!」

 中間告白で想いを伝えられたことで「中間告白で気持ちを伝えてくれたことがすごく嬉しくて。この人と後半戦は一緒に芝居をつくりたいと思いました」とトウヤに気持ちが傾き始めていることを明かしたみなみ。

谷まりあ、2人の女子の間で揺れる俳優にイライラ「ひとつの“ポッ”がいい!」

 一方、トウヤは「みなみちゃんに関しては、中間告白は彼女にしたんですけど、彼女の矢印もこっちじゃないから。2話目をとってるときのコージくんを見てるみなみちゃんを見てたから…」とみなみの気持ちは未だにコージへ向いていると勘違い。中間告白後に自身に想いを伝えにきてくれたふうたとみなみの間で迷っているようだった。

谷まりあ、2人の女子の間で揺れる俳優にイライラ「ひとつの“ポッ”がいい!」
 スタジオメンバーは、「これでトウヤがやっぱりふうただってなったらどうするよ、みなみ?」「みなみちゃんが一番かわいそう」「焚き付けられるだけ焚き付けられて」とトウヤの煮え切らない気持ちにツッコミ。

 とくに谷は「なんで相手に好きな人がいるかもってなったときに自分の気持ちが変わる?みたいな」「こっちがダメだからあっちみたいな感じはちょっと許せない!」と厳しい意見を述べ、福徳が「(ふうたとみなみの)両方の“ポッ”がきてるから」「2つ “ポッ”あるでしょう?経験」とフォローするも「ない~!」「ひとつの“ポッ”がいい!」と全力で否定した。

 そんなやりとりを受け渡辺は「“ポッ”ってなに(笑)!??」と爆笑しつつも、「いくつも“ポッ”は浅い感じじゃん。ライクみたいな。だけど今回のトウヤは、結構でかめの“ポッ”をみなみにかましてると思う」とトウヤの行動を指摘。しかし、福徳が「でもどっちみちふうたの健気さよね。いくらそこでみなみのことをほんまに好きであっても揺れちゃう」とふうたが勇気を振り絞り気持ちを伝えたことが大きかったと予想すると、女性も納得の様子だった。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 7話 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 7話 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】