11月14日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.8が放送され、俳優の森田桐矢の恋模様に注目が集まった。

他の男とのキスシーンを見て嫉妬…森田桐矢、坂口風詩への気持ちを確信『ドラ恋』act.8
番組をみる »

▶︎動画:他の男とのキスシーンを見て嫉妬 森田桐也、自分の気持ちに気づく

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

他の男とのキスシーンを見て嫉妬…森田桐矢、坂口風詩への気持ちを確信『ドラ恋』act.8

 ドラマ第4話は、大学のサークル仲間でキャンプ場で鬼ごっこをすることになり、ペアになって逃げる男女が、一緒に隠れたキャンピングカーの中で甘いキスを交わす恋物語。主役に選ばれたのはふうた&けい。ふたりを鬼として探し回る、ふうたの元彼という設定のキャプテンをトウヤが演じることとなった。

他の男とのキスシーンを見て嫉妬…森田桐矢、坂口風詩への気持ちを確信『ドラ恋』act.8

 ふうたとけいは、トウヤから逃げてキャンピングカーへ。そこでふうたがトウヤに三股をされ別れたという経緯を話すと、ふうたへ想いを寄せ続けていたけいはキス。さらに、車を降りたところでもけいはふうたをバックハグし想いを伝え、その後にふたりは濃厚なキスを交わすのだった。

他の男とのキスシーンを見て嫉妬…森田桐矢、坂口風詩への気持ちを確信『ドラ恋』act.8

 汗ばみながらのリアルなキスシーンには、スタジオもモニタールームのメンバーをも圧巻。中間告白ではみなみへ想いがあることを打ち明けるも、ふうたのことも気になっている状態だったトウヤは、ふたりのキスシーンを見たあとのインタビューで「悔しかったし、複雑だし、ある種の嫉妬みたいなのを感じて。けっこう見てらんなかったんすよ。見てらんなかったってことは、彼女とキスシーンを撮りたかったんだなって思いました」と複雑な心境を告白。「見てらんなかったこそ、じゃあ、俺の気持ちってそういうこと?」とふうたへの気持ちに確信を持ったことを明かした。

他の男とのキスシーンを見て嫉妬…森田桐矢、坂口風詩への気持ちを確信『ドラ恋』act.8

 そんなトウヤの心変わりを見たスタジオは、「あんなにふうちゃんが(トウヤに)好き好き言ってる時にトウヤはそっけない感じだったのに。いなくなっちゃうと男の人って追いたくなる?」と驚き。2人の女性の間で揺れ動いていたことに厳しい意見を述べていた谷は、「わかりやすい例すぎてなんか…(怒りすら)おさまった(笑)」と苦笑していた。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 8話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 8話
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント