「しくじり先生」カズレーザーの授業がギャラクシー賞・テレビ部門月間賞を受賞
番組をみる »

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系列 ※一部地域を除く)の「デマ」を題材にした授業が2020年10月度のテレビ部門月間賞を受賞した。

 1963年に創設されたギャラクシー賞は日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀な番組・個人・団体を顕彰。「テレビ部門」「ラジオ部門」「CM部門」「報道活動部門」の4部門に分けられ、毎年各部門から大賞や優秀賞などが選ばれる。テレビ部門では月間の優秀番組「月間賞」が選出され、年度の選考対象作品としている。

【映像】「しくじり先生」カズレーザーが伝えた“デマ”の恐怖

 番組では芸人のカズレーザーが登壇し、1973年に愛知県で起こった「T信用金庫事件(※)」などを元に人間が「デマ」を信じてしまうメカニズムを紹介。過去の事件からガセネタが広まるパターンをカズレーザーの視点で徹底分析した。実際にカズレーザーが仕込んだ授業の「デマ」には、出演者全員が騙され、改めて「デマ」の怖さを伝えていた。

(※)数人の女子高生が電車内で「信用金庫は強盗に襲われるから危ない」と冗談で言った一言が、近くにいた別の人間が断片的に聞き取り、「T信用金庫が危ない」という口コミに発展。その結果、T信用金庫に市民が殺到し、総額14億円が引き出された事件。

【映像】カズレーザーが仕掛けた罠をあなたは見破れるか?
【映像】カズレーザーが仕掛けた罠をあなたは見破れるか?
【ABEMAプレミアム】今なら初回2週間無料 ※いつでも解約OK
【ABEMAプレミアム】今なら初回2週間無料 ※いつでも解約OK