11月21日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.9が放送され、女優の糸原美波の泣きの演技に注目が集まった。

「ごめんね普通の女の子じゃなくて」キスから先にすすめない女子を熱演!糸原美波の泣きの芝居に注目集まる『ドラ恋』act.9
番組をみる »

▶︎動画:キスから先にすすめない女子を熱演!糸原美波の泣きの芝居に注目集まる

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

「ごめんね普通の女の子じゃなくて」キスから先にすすめない女子を熱演!糸原美波の泣きの芝居に注目集まる『ドラ恋』act.9

 今回のドラマは、お腹に残った手術跡のせいでコンプレックスを抱えてしまいキスより先に進むことを躊躇してしまう彼女と、それを優しく受け止める彼氏がはじめて一つに結ばれる恋愛ドラマ。

 彼女の辛い過去と勇気を出した告白シーンには、メンバーたちも感情移入。とくにみなみ&けいのペアは、「これ聞いてても泣きそうになるもん」「泣くよ…好きな彼女がそんな…そんなの俺嫌になるわけないじゃん?ってなりそう」と稽古中から涙ぐんでいた。

「ごめんね普通の女の子じゃなくて」キスから先にすすめない女子を熱演!糸原美波の泣きの芝居に注目集まる『ドラ恋』act.9

 そんなふたりは、オーディションでも大健闘。みなみは、「だから私ね…この体見せるのが怖くて…。ごめんね、普通の女の子じゃなくて」と迫真の泣きの演技を見せ、スタジオメンバーからは「最高」「きれい」「めちゃくちゃいい」「グッときたわ」など絶賛の声があがっていた。

「ごめんね普通の女の子じゃなくて」キスから先にすすめない女子を熱演!糸原美波の泣きの芝居に注目集まる『ドラ恋』act.9
「ごめんね普通の女の子じゃなくて」キスから先にすすめない女子を熱演!糸原美波の泣きの芝居に注目集まる『ドラ恋』act.9
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント