ガーフィール役・岡本信彦が「リゼロ」で送る楽しい声優生活「毎回がピーク。最終回がずっと続く感じ」
番組をみる »

 TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、リゼロ)2ndシーズンの前半クールが終了し、2021年1月の後半クールを待ち望むファンが多い中、演じる声優たちもタフながら楽しい日々を送っている。ガーフィール役・岡本信彦も、そのうちの一人。ガーフィールは気が強く、主人公スバルとは敵対したかと思えば仲間にもなる、振り幅も大きいキャラクターだが、岡本の作品に対する印象は「毎回がピーク。最終回がずっと続く感じ」というものだ。前半クールを振り返っての見どころ、さらには今後の注目ポイントについて聞いた。

【動画】深まる謎をもう一度「Re:ゼロから始める異世界生活」2ndシーズン

-ガーフィールは2ndシーズンから登場し、存在感抜群でした。岡本さんからどんなキャラクターなのかご説明をお願いします。

 岡本信彦(以下、岡本)

 豪放というかヤンキーですよね(笑)意外な一面というか、そういうものを見せると何か知らないけど好感度が上がる。リューズに対しても「ババア」って言っているのに、ちょっと心配しているから、僕も声色を変えたりしています。今後はそんな「おばあちゃん子」みたいなところも出せればと思っています。

-ガーフィールはスバルの「死に戻り」の周回によって、かなり関係が変わります。演じ分けはどうされたんですか。

 岡本

 台本に書いてあるト書きの思いを信じて、きっとガーフィール自体はいいやつだと根底に思いながらやっていました。優しさを持っているやつというか、悪役ではないというか。それを言うと、ロズワールの方が悪役なんですが、悪役は悪役で自分の正義があるから難しいんですよね。でも誰かを守りたいという気持ちはあるという点を考えた時に、ガーフィールは優しい男だと思って、そこだけは信じてやっていました。

ガーフィール役・岡本信彦が「リゼロ」で送る楽しい声優生活「毎回がピーク。最終回がずっと続く感じ」

-「死に戻り」の後のガーフィールは、ゼロから演じ分けるんですか。

 それに関しては、別のところでもお話したことがあるんですが、2パターンあると思っています。まず一つが、もう完全に知らないテイで最初に戻るパターン。もう一つは、見ている人たちはスバルと一緒に違う世界を知っているので、そこを軸にしたものです。僕は後者のほうを採用しています。何話も続いているものなので、むしろ新しいガーフィールをお届けする、みたいな気持ちで演じています。だから最初に戻るというよりは、新しい彼の立体的な点というか、飛び越えた面を見せられたらいいなと思っています。

-スバルの他にも数々のキャラクターとやりとりがあります。まずは対照的なキャラクターとして描かれているオットーについてお願いします。

 岡本

 本当にいい相性ですよね。ガーフィールの方が割と突っ込みそうなのに、ボケなのはガーフィールで、突っ込んでいるのは実はオットーという。オットー自体、クールな面、ヘタレな面、かわいい面といろいろあります。逆にガーフィールが男らしくてやんちゃで明るいみたいな、かみ合わないところ、食い合わないところっていうのが、とてもいいバランスになっています。今後は、ガーフィールがかわいく見える、オットーがかっこよく見えるようになればとも思っています。

ガーフィール役・岡本信彦が「リゼロ」で送る楽しい声優生活「毎回がピーク。最終回がずっと続く感じ」

-ラムについては瀕死の中、必死に救おうとするシーンが印象的でもありました。演じた村川梨衣さんとのコンビはどうでしたか。

 岡本

 村川さんがラムのような役をやっているのを、あんまり僕は知らなくて。天真爛漫な役をやっている印象が強かったので、とにかく想いを内に留める役は大変なんだろうなと思っていました。掛け合いでは、淡々としつつも村川さんの人間性が見え隠れするというか、突っ込みたくなるというか(笑)キャラクターの隙、お芝居の隙みたいなところがあるので、そこがかわいいんです。本当に機械みたいに淡々と進めちゃうと、ちょっと攻め込めないと思っちゃうんですけど、村川さんの声がある意味、拒絶しすぎていない。言葉尻は強いんですけど、ちゃんと会話をしてくれているところで、ツッコミとボケが成立しています。

-「リゼロ」という作品で演じていて楽しい点はどこですか。

 岡本

 感情解放をどうさせるか、というところです。「リゼロ」の場合、まさにスバルがそうなんですが、死と隣り合わせの作品なので、感情のピークを描きやすいんです。毎回がピークみたいな。そのおかげでエンディングがいっぱい見られる。最終回がずっと続くみたいな感じで、やりやすいですし楽しいです。「死に戻り」にしても、自分から死ぬとしても、普通の人間からしたら相当な精神力がいるところじゃないですか。その表現も含めて大変だし、スバルが「死に戻り」した、そのパラレルの世界線で、他のキャラクターも死んだりする。このキャラクターたちも違ったエンディングを迎えられるんで、見せ方としても「ピークが連続する」というのは、とてもいいんじゃないかなと思います。

ガーフィール役・岡本信彦が「リゼロ」で送る楽しい声優生活「毎回がピーク。最終回がずっと続く感じ」

-死の演技としては、ガーフィールもロズワールの手にかかりました(第36話=死の味

 ついに僕の番が来たか、みたいな思いもありました(笑)「ようやく来たか!」と。ああいうのも楽しいですよ、めちゃくちゃ疲れますが。(スバル役の)小林裕介くんも楽しいでしょうし役者冥利に尽きるだろうなと思っているんじゃないでしょうか。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活
Re:ゼロから始める異世界生活
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る