「今からでも遅くはないから、安倍前総理は説明して謝ればいい」桜を見る会の前夜祭をめぐる疑惑に政治ジャーナリスト細川隆三氏
番組をみる »

 「桜を見る会」の前夜にホテルで開催された前夜祭をめぐる疑惑が再燃している。

 まず、ホテルに払った金額が1人5000円の参加費の総額を超えており、不足分を事務所側が補填していたのではないか、つまり政治家から有権者への「寄付」を禁じた公職選挙法違反の疑い。次に、ホテル側が作成した領収書の宛名が、安倍前総理が代表を務める資金管理団体「晋和会」だったことが判明、政治団体が会費制の催しを行った場合は収支報告書に記載、総務省への報告を義務付けている政治資金規正法に違反するのではないかとの疑いも持たれている。

・【映像】細川氏「違反の疑いが出た時に謝っておけば良かったと思う」

「今からでも遅くはないから、安倍前総理は説明して謝ればいい」桜を見る会の前夜祭をめぐる疑惑に政治ジャーナリスト細川隆三氏

 政治ジャーナリストの細川隆三氏は、この「前夜祭」について「桜を見る会の本番は招待客も多く、その対応で安倍さんは忙しく、とてもではないが地元から来る後援会や支援者の方々の相手はできない。そこで前夜祭という形で食事をしたり、お酒を飲んだりする集いを始めたのだと思う。そこに安倍さんも参加し、一緒に写真を撮ったりする。それが目的だ。安倍さんの前夜祭は、その参加者が膨れ上がっていってしまったのだろう。やはり800人というのは突出して多いと思うし、収容できるのは大きなホテルの宴会場くらいになってくる。ただ、だいたい政治家のパーティーというのは食事もすぐに無くなってなってしまうくらいしょぼいものだし、飲み物も大したこと無い。色々なホテルにも聞いてみたが、“5000円でやって”と言えばできないことはないと思う」と説明する。

「今からでも遅くはないから、安倍前総理は説明して謝ればいい」桜を見る会の前夜祭をめぐる疑惑に政治ジャーナリスト細川隆三氏

 その上で、「桜を見る会本体も、最後は予算が当初の5倍になってしまっていた。前夜祭もずっと5000円でやっていたが、予算額を上げるか参加者を減らすか、どちらかしないと辻褄が合わなくなってきていたのだと思う。僕は安倍事務所の人間ではないし、安倍さんの肩を持つわけでもないが、そこで“今年はちょっと上げさせて”など、なかなか支援者には言えないのではないか。そこで“5000円では足りなくなったので、こちらからちょっと出します”となったのかもしれない。この、高くなってしまった分を事務所側が補填していたということが事実であれば、それは寄付行為にあたる。ただし、公職選挙法違反の疑いというのは、選挙に絡んでいるということを立証しなければならず、ハードルが高くなると思う。一方、政治資金収支報告書にちゃんと記載して、収入や支出を透明にしなければならないという趣旨の政治資金規正法違反の記載漏れの疑いもある。そのあたりが、これからの捜査の過程で明らかになってくると思う」との見方を示した。

「今からでも遅くはないから、安倍前総理は説明して謝ればいい」桜を見る会の前夜祭をめぐる疑惑に政治ジャーナリスト細川隆三氏

 一方、安倍前総理は「事務所側がこれに補填した事実も全くないということだ」「夕食会の会費は参加者の自己負担で支払われており、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ないことから政治資金収支報告書への記載は必要ないものである」と答弁している。

 安倍前総理の責任について細川氏は「細かいところまで総理大臣に報告するものなのかどうか、そこはわからない。逆に秘書から“自分たちは、事務所は知りません。関係ありません”という報告を受けていたとすれば、それは虚偽には当たらない。しかし、報じられていることが事実であるとするならば、やはり道義的な責任はある。国会でもあれだけ全面否定していた以上、やはり安倍さん自ら説明をしなければダメだと思う。そもそも最初に政治資金規正法違反の疑いが出た時に謝っておけばこんなことにはなっていない。今からでも遅くはないから、出てきて説明して謝ればいい」と指摘した(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

細川氏「違反の疑いが出た時に謝っておけば良かったと思う」
細川氏「違反の疑いが出た時に謝っておけば良かったと思う」
「“詰んでいる”ことの当然の結果・結末だ」
「“詰んでいる”ことの当然の結果・結末だ」
橋下氏が安倍総理に直言
橋下氏が安倍総理に直言