11月28日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.10が放送され、両思いだったはずの女優の江野沢愛美と俳優の北條慶のすれ違いに注目が集まった。

江野沢愛美のベッドシーンの裏でモニタールームでは…恐れていた事実が判明『ドラ恋』act.10
番組をみる »

▶︎動画:江野沢愛美のベッドシーンの裏でモニタールームでは…恐れていた事実が判明

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

 ドラマ第6話のオーディションは個人戦。演技指導の澤田育子先生がアトランダムに選んだペアで芝居をすることになる。

江野沢愛美のベッドシーンの裏でモニタールームでは…恐れていた事実が判明『ドラ恋』act.10

 シェアハウスでは各々が台本を手に、オーディションのための稽古をスタート。そんな中、リビングに2人になったトウヤとまなみはお互いの恋愛話をすることに。まなみが「どう?ふうちゃんのこと」と尋ねると、トウヤは「俺、無理かも。矢印のズレを感じたからいけない」とふうたの思いが自分へ向いていないことを感じていると明かした。

江野沢愛美のベッドシーンの裏でモニタールームでは…恐れていた事実が判明『ドラ恋』act.10

 その理由は、ドラマ第5話でまなみがたくやとともにベッドシーンを撮影しているときのモニタールームでのふうたの態度。実はモニタールームでは、ふうたがけいに寄りかかり、けいもまたふうたの座る座布団の下に足を入れ“ふうたの椅子”状態になり、密着。2人はそのままふざけながら動画を撮ったりと、イチャイチャしていたのだ。

江野沢愛美のベッドシーンの裏でモニタールームでは…恐れていた事実が判明『ドラ恋』act.10

 現場に居合わせていたトウヤは「俺の主観だけど、モニタールーム(の空気)がめっちゃやばかった。(ふうたと)けいちゃんとの距離感がすごくて。気が滅入っちゃって、そのストレスに俺は耐えられなかった」とショックが大きかったと告白。けいと両思いであると信じていたまなみに「モニタールームにいなくて良かったと思う」と同情した。

江野沢愛美のベッドシーンの裏でモニタールームでは…恐れていた事実が判明『ドラ恋』act.10

 これを聞いたまなみは、「話せばいいんだけどね、本人に。想像しただけじゃなにも変わんないじゃん。どんどん人って悪い方に考えていくし、とくに恋愛のときなんてさ」とフォロー。さらに、「私は多分、話すと思う。話したくないなと思いながらも話すと思う、ちゃんと」とけい本人に事実確認をすると宣言した。

江野沢愛美のベッドシーンの裏でモニタールームでは…恐れていた事実が判明『ドラ恋』act.10

 その後、まなみはLINEでけいを呼び出すが…。一体、まなみとけいの関係はどうなってしまうのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.10ABEMAビデオで配信中。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 10話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 10話
全話を一気見!ABEMAプレミアム 今なら初回2週間無料!(いつでも解約OK)
全話を一気見!ABEMAプレミアム 今なら初回2週間無料!(いつでも解約OK)