12月5日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.11が放送され、同番組内で撮影されるドラマの最後の主演が決定した。

たくや、『ドラ恋』最終回の主役に 一度も主演を取れなかったトウヤを思い涙
番組をみる »

▶︎動画:「ドラ恋」最後の主演はたくや トウヤは一度も主演をとれず…

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

 ドラマ最終話のオーディションは個人戦。通常はアトランダムに選ばれたペアでオーディションを受けなければいけないが、“同棲ハウス”で一夜をともにした2人だけは、そのままのペアでオーィションを受けることができる。

たくや、『ドラ恋』最終回の主役に 一度も主演を取れなかったトウヤを思い涙

 これまで一度も主役に選ばれていないトウヤは、みなみから“同棲ハウス”の誘いを受け、2人で演技プランを固めてオーディションに挑むことに。しかし、主役に選ばれたのはたくやだった。

たくや、『ドラ恋』最終回の主役に 一度も主演を取れなかったトウヤを思い涙

 オーディションの結果を聞いたトウヤは、じっと目を瞑りその場に立ち尽くす。インタビューでは、「実力が足りなかった。たくやのほうが上だった。そこに勝てなかった……だけだと思うから」と言葉を詰まらせながらも、その結果を潔く受け止めた。

たくや、『ドラ恋』最終回の主役に 一度も主演を取れなかったトウヤを思い涙

 一方、主役の座を掴んだたくやは、「トウヤとかにもすごい…1回もできてないの絶対しんどいから。俺だったらしんどいし」と言葉をつまらせ、涙。続けて、「泣いてちゃダメだ。主演をやらせていただくんで、頑張ります」と自分に喝を入れ、他のメンバーの分まで全力で良いドラマを撮ることを宣言した。

たくや、『ドラ恋』最終回の主役に 一度も主演を取れなかったトウヤを思い涙

 そんなたくやの男泣きには、スタジオメンバーも「たくやって素敵」「いいやつだなぁ~」「トウヤも感謝するわ」「いいやつだよ本当」と絶賛していた。

 主役に選ばれ、相手役に意中のさちかを指名したたくや。たくやはキスシーンを演じることで、さちかを振り向かせることができるのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.11はABEMAビデオで配信中。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 11話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 11話
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント