12月5日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.11が放送され、恋人同士だった2人が女優と助監督として再会して交わしたセクシーなキスシーンに注目が集まった。

元恋人と撮影現場で再会「ここからはセリフにないキスね」女優と助監督の禁断・馬乗りキス 『ドラ恋』act.11

▶︎動画:元恋人と撮影現場で再会「ここからはセリフにないキスね」女優と助監督の禁断・馬乗りキス

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美、あ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

元恋人と撮影現場で再会「ここからはセリフにないキスね」女優と助監督の禁断・馬乗りキス 『ドラ恋』act.11

 ドラマ第6話は、初めてのキスシーンに挑む女優と助監督の恋物語。

 高校時代に恋人同士だった女優のさちかと助監督のたくやは、ドラマの撮影現場で偶然にも再会。翌日に初めてのキスシーンを控えるさちかは、そのことについて相談するためにたくやを呼び出した。

 たくやから「彼氏のこと思い浮かべて」とアドバイスを受けるも、たくやと別れて以来、誰とも付き合ったことがなく、キスもたくやと以来したことがないさちか。実は、さちかは女優という夢に向かって歩き出した自分のために、別れを選択してくれたたたくやのことを想い続けていたのだ。

元恋人と撮影現場で再会「ここからはセリフにないキスね」女優と助監督の禁断・馬乗りキス 『ドラ恋』act.11

 さちかへ現在の活躍をたくやに褒められると、「たくやに褒められるのが一番嬉しいよ」「本当だよ、一番うれしい。好きだから」とポツリ。「そんなセリフあったっけ?」ととぼけるたくやに、「セリフじゃないよ」と否定し、まだ気持ちがあると告白。たくやも「そんなに見つめるなよ、好きなんだから、俺も」と想いを打ち明けた。

元恋人と撮影現場で再会「ここからはセリフにないキスね」女優と助監督の禁断・馬乗りキス 『ドラ恋』act.11

 お互いの気持ちを確かめ合った2人は、たくやからさちかへそっとキス。その後、たくやは「明日撮影するキスはこんなんじゃダメだよ」と照れ隠しのようにダメ出しすると、さちかから「どんなのがいいの?」と尋ねられ、「それでは本番まいりまーす」と助監督ならではのシチュエーションで押し倒し、何度も唇を重ねた。

元恋人と撮影現場で再会「ここからはセリフにないキスね」女優と助監督の禁断・馬乗りキス 『ドラ恋』act.11

 繰り返すキスに、「こんな感じ」とたくや。すると、さちかは「演技指導ありがとう、未来の監督さん」と囁き、にっこり。続けて、「ここからは台本にないキスね」とたくやの上に馬乗り状態になり、再び何度も何度も激しいキスを交わした。

 たくやとさちかのセクシーなキスシーンに、スタジオの渡辺らは「ガチのキスだ!」と喜んでいた。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 11話 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 11話 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
ABEMA
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
ABEMA