12月5日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』act.11が放送され、恋人同士だった2人が女優と助監督として再会して交わしたセクシーなキスシーンに注目が集まった。

演技から恋へ、一線をこえる…助監督と女優が本番前に “こっそり禁断のキス”
番組をみる »

▶︎動画:元恋人と撮影現場で再会「ここからはセリフにないキスね」女優と助監督の禁断・馬乗りキス

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

演技から恋へ、一線をこえる…助監督と女優が本番前に “こっそり禁断のキス”

 act.11では主演の発表、そして俳優たちが最後の恋愛ドラマを演じる様子をお届け。オーディションが個人戦となる今回、最後の主演に選ばれたのは、たくや。たくやは主演を演じる相手に、想いを寄せるさちかを選んだ。

演技から恋へ、一線をこえる…助監督と女優が本番前に “こっそり禁断のキス”

 今回の恋愛ドラマの台本は、“初めてのキスシーンに挑む女優と、助監督の恋物語”。実は高校時代恋人同士だった2人はそれぞれ女優、助監督となり、ドラマの撮影現場で偶然にも再会を果たします。翌日に人生で初めてのキスシーンを迎える女優が相談をするために、助監督を呼び出します。そして、お互い秘めた想いを打ち明け、気持ちを再確認。「ここからは台本にないキスね。」と本番前の熱いキスを交わすー。

 馬乗りになるほど、燃え上がる濃厚なキスシーンに思わず渡辺も「ガチのキスだ!」、谷さんは「キャーー!」と興奮しながら目を覆う様子。「これはさちか、気持ち動いたんじゃない?」とキスシーンによって、女優の心が動いたのではないかと推測をしていた。

演技から恋へ、一線をこえる…助監督と女優が本番前に “こっそり禁断のキス”
演技から恋へ、一線をこえる…助監督と女優が本番前に “こっそり禁断のキス”
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~
ABEMAプレミアム
ABEMAプレミアム