ゆりやん、“ゆりやんAI”と大喜利対決!? 3Dアバターの実力に「時代が来たって痛感しました」
番組をみる »

 お笑いタレントのゆりやんレトリィバァ(30)とお笑いコンビ・マヂカルラブリー野田クリスタル(34)が10日、「よしもと芸人AIプロジェクト」発表記者会見に出席した。

【映像】ゆりやんvs“ゆりやんAI” 大喜利対決

 このプロジェクトは吉本興業所属のタレントが、AI技術を使って3Dアバターとなり、仮想空間でコミュニケーションできる新たなエンターテインメント。

ゆりやん、“ゆりやんAI”と大喜利対決!? 3Dアバターの実力に「時代が来たって痛感しました」

 この日、ゆりやんとそっくりの3Dアバターがスクリーンに映し出されると、「はじめまして、広瀬すずです。違うんですよ、冗談です。広瀬すずではございません。本当は広瀬アリスです。違うんですよ、冗談です。広瀬アリスでもございません」と自己紹介。ゆりやんは「(アバターが喋った)言葉は全部録音していなくて。いっぱい原稿があって、全然関係がない言葉を、脈絡がない文章をとにかく読んだだけなんです」と、その技術に驚いている様子だった。

 今年、自作したゲームネタで「R-1グランプリ2020」を制した野田は、“ゆりやんアバター”を使った大喜利ゲームを開発。実物とAIの大喜利対決が実現した。「うちの学校、画期的だなぁ。校歌にどんな言葉が入ってる?」とお題が読み上げられると、AIは瞬時に回答を“算出”。「うおおおお 酔っぱらいだったとさ」「スーパーチャンス 酔っぱらい狩り」「忍法 お坊さんだったら勝てた」など、立て続けに回答を連発。その実力に圧倒されたゆりやんは「すごいAIの時代が来たって痛感しました」とこぼしつつ、「でも私達にあるのは、愛です」と発言。野田も「そう。AIじゃなくて愛です」と“落としどころ"をつけていた。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

ゆりやん 自身のAIと大喜利対決!!
ゆりやん 自身のAIと大喜利対決!!
ゆりやん、“キャラ変ラップ”で多才ぶりを発揮
ゆりやん、“キャラ変ラップ”で多才ぶりを発揮