12月12日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終回が放送され、俳優の若林拓也の恋の結末に注目が集まった。

たくや、失恋 小森隼ら健闘を讃え「このまま行って一緒に酒呑みたい」『ドラ恋』最終回
番組をみる »

▶︎動画:「もっとモテても良いはずなのに」先生からたくやへの手紙

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

 最後のドラマは、台本がないドキュメンタリー。意中の相手と2人きりで出演できる告白シーンで、男性は女性からの告白を受け、返事がOKなら本気のキスでその想いに応えることとなる。

たくや、失恋 小森隼ら健闘を讃え「このまま行って一緒に酒呑みたい」『ドラ恋』最終回

 最初に告白をすることになったのは、第2話でキスシーンを演じたコージと第6話でキスシーンを演じたたくやから想いを寄せられているさちか。そんなさちかがLINEで呼び出したのは、コージだった。

たくや、失恋 小森隼ら健闘を讃え「このまま行って一緒に酒呑みたい」『ドラ恋』最終回

 この結果に、たくやは「味気ねーわ」とポツリ。第6話で主役を掴み取り、さちかとキスシーンを演じ手応えを感じていただけに、予測できない女心にやりきれない様子だった。

 しかし、第一印象でさちかに惚れ込んでから、まっすぐにさちかへ想いを伝え続けた上に、俳優としても腕を磨き、見事二連続で主演を獲得。さちかとのキスシーンを演じるチャンスを掴んだという男前な姿に、スタジオメンバーは、「たくやもやりきってるよ、十分!」「男らしい」「すごい」と絶賛。小森は、「このまま行って、一緒に酒呑みたいですもん」とこぼした。

たくや、失恋 小森隼ら健闘を讃え「このまま行って一緒に酒呑みたい」『ドラ恋』最終回

 また、たくやの優しさにメンバーたちも助けられたことを知っている演技指導の澤田育子先生も、卒業式で贈る手紙に「仲間思いで漢気があって、ムードメーカーで。だからこそ、正直もっとモテても良いはずなのにな、とそう思ってました」と綴っており、メンバーやスタジオから笑いが起きる場面もあった。

たくや、失恋 小森隼ら健闘を讃え「このまま行って一緒に酒呑みたい」『ドラ恋』最終回
たくや、失恋 小森隼ら健闘を讃え「このまま行って一緒に酒呑みたい」『ドラ恋』最終回

 ABEMAビデオでは、他のメンバーたちの告白の結果はもちろん、告白から1ヶ月後に久しぶりに再会した8人が主題歌『真っ白』のMVを撮影する様子を収めた映像を配信している。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 12話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 12話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編