12月12日、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終回が放送され、演技指導の澤田育子先生からメンバーたちへ送られた手紙の内容に注目が集まった。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙
番組をみる »

▶︎動画:「ドラ恋」最終回

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッド上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに今シーズンでは、役作りのための共同生活に加え、オーディション前夜、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”という衝撃のルールが追加された。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 共同生活とドラマ撮影を終え、役者としても人間としても成長した8人のメンバーたち。卒業式では、演技指導の澤田育子先生からメンバーたちに送られる手紙が読まれるシーンが放送された。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 持ち前のコミュニケーション能力の高さでみんなを引っ張ってきたコージには、「一見イケメンのプレイボーイに見えますが、実はストイックで努力家。誰よりも遅くまで稽古をしていたのはいつもあなただったと聞きました。そんなあなたの演技がほかのみんなにたくさんの刺激を与えてくれました。主役を掴んだドラマ第2話の撮影で本番前に思わずキスしてしまったこと、本来なら厳重注意ですが、相手役のさちかさんからの抗議もなかったことですし、役作りのアプローチだったということにしておきましょう。これからのさらなるご活躍を期待しています」と笑いを交え、称賛のメッセージ。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 おっとりとして見えて実は負けず嫌いで芯の強いさちかには、「最初にお会いした時は、いまどきの女子大生というぐらいのイメージでした。でもあなたは実は誰よりも凛として立つ賢く、しなやかな女性でした。その肝の座り方、将来性十分です。でも本当は誰かに弱音を吐きたくなる日もあったのではないですか?女優という道は、決して平坦ではなく、本音をぶつけ合い、支え合う誰かが必要なときもくることと思います。そんなとき、ここに一緒にいる仲間を頼れたらいいですね。これからも頑張ってください」と核心をつく内容で、さちかは涙ぐんだ。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 笑顔を絶やさない、気遣い上手なみなみには、「とっても気が利いて、優しい女性であり、いつもあなたは笑顔を見せてくれました。でももしかしたら一番涙を流したのは、あなたかもしれません。きっといっぱい傷ついて、たくさん悩みましたよね。もっとわがままでもいいと思います。ありのままの自分で相手にぶつかっていくときがあってもいいと思います。その経験が演技にも繋がっていくはずです。さらに素敵な女優さんになっていくことと思います。期待しています」と期待を込めたアドバイス。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 誰よりも仲間思いのたくやには、「もっと斜に構えたクールなモテ男子なのだと思っていました。でも全然違いましたね。がむしゃらの直球勝負で、まさに猪突猛進。それでいて仲間思いで、男気があって、ムードメーカーで。だからこそ、正直もっとモテてもいいはずなのになとずっと思っていました。前半戦、なかなか主役が取れず、もがいていましたね。それだけに後半戦に入って、素晴らしい演技であなたが主役を勝ち取ったとき、私も本当にうれしかったです。きっとそこに至るには、たくさんの苦しい努力をしてきたのだと思います。これからも主役を担っていく役者さんのひとりとして、大きく羽ばたいていってください」とエールが送られ、たくやはグッと涙を堪えた。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 唯一、一度も主役を取れずに終わってしまったトウヤには、「あなたが一度も主役を取れなかったこと、私の責任でもあります。ごめんなさい。ただ、誤解しないでほしいなと思うのは、あなたが主役を取る価値のない俳優だったということでは、決してないということです。主役を取れなかったという結果に違いはありませんが、それはいつも本当に僅差だったということは伝えさせてください。とくにドラマ第5話の『傷跡』で見せたあなたの演技は、本物の感情が垣間見えた気がしました。これからも俳優を続けてほしいと思っています。ご活躍を期待しています」と言葉を詰まらせながら、温かいメッセージが送られた。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 当初、シャイでなかなか自身をさらけ出せずにいたけいには、「人見知りで、すぐに顔が赤くなる。初めてあったときはキスシーンをきちんと演じられるのか正直非常に心配していました。でも二回も主役をとって、ふたりの女性とキスをしましたね。誠実なあなたのことだから苦しく感じたりもしたことと思います。でもあなたは決して逃げなかった。その経験がこれからの俳優人生の財産になるときがくると思います。頑張ってください」と今回の経験を活かして活躍してほしいとの思いを込めた内容が。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 不器用でどこまでもまっすぐなまなみには、「女優としてのプロ意識が人一倍強く、いつもみんなの相談に耳を傾けるお姉さん的存在だったことと思います。でもその一方で、本当は辛い思いをしていたのではないでしょうか?きっとあなたは、ご自身が思っている以上に繊細で、傷つきやすくて、不器用な、とっても可愛らしい女性なんだと思います。頑張りすぎて辛くなりそうなときには、誰かに甘えて、素直に弱い部分もさらけ出してくださいね。さらなるご活躍を期待しています」と優しい言葉が送られ、まなみはボロボロと涙をこぼした。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 最年少ながらに凛とした強さを見せたふうたには、「あなたを思うとき、真っ先に思い浮かぶのはその眼差しです。そのまっすぐな眼差しにいつも強い意志を感じました。自分の意志を貫くことは、決して簡単なことではないはずです。誰かを傷つけたり、自分が傷ついたりしてしまうかもしれません。でもあなたは最後までそのまっすぐな眼差しを貫き通しました。それはとても誇らしいことだと思います。この3ヶ月で一番成長したのは、あなたかもしれません。しっかり羽ばたいていってください」とその勇気を称えた。

「あなたが一度も主役を取れなかったことは、私の責任でもあります」澤田育子先生からの手紙に『ドラ恋』メンバー涙

 恒例の先生からの手紙には、スタジオのあ~ちゃんも号泣。小森は、「毎回勉強になりますね、ドラ恋は。純粋さだったり、人と向き合うときの自分のあり方だったりとか」と改めてドラ恋の良さを語り、渡辺やあ~ちゃんも「もう傷つくのが怖いし、自分もどっぷりつかって好きだって向き合うのも怖くなってくるけど(ドラ恋メンバーを見ていると)がむしゃらに恋したいと思うよね」とメンバーたちの全力の恋に、勇気をもらっていた。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 12話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編 - 12話
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~ - 本編