糸谷哲郎八段、広瀬章人八段下す 挑戦権は第2局へ/将棋・棋王戦挑決二番勝負
番組をみる »

 将棋の棋王戦挑戦者決定二番勝負の第1局が12月18日に行われ、糸谷哲郎八段(32)が広瀬章人八段(33)に123手で勝利した。敗者復活から勝ち上がった糸谷八段が勝ったことで、挑戦権は決定局となる第2局へ。タイトル経験もある実力者同士の戦いは、次の一局で明暗を分けることになった。

【中継】棋王戦挑戦者決定戦第1局 広瀬章人八段 対 糸谷哲郎八段

 大きな体で早見え早指し、指し手は独特という糸谷八段だが、本局では角換わりの出だしから29手目までは、1分も持ち時間を使わないスピーディな指し回し。それでも序盤の分岐点ではしっかり時間を使うと、徐々に有利、優勢に。桂馬を有効に使い、広瀬八段の玉頭に戦力を集めると、上部に逃げる広瀬玉を逃さず確実に仕留めた。

 第2局は28日に東京都渋谷区・東京将棋会館で行われる。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

棋王戦挑戦者決定戦第一局 広瀬章人八段 対 糸谷哲郎八段
棋王戦挑戦者決定戦第一局 広瀬章人八段 対 糸谷哲郎八段
広瀬八段は永瀬王座に勝利
広瀬八段は永瀬王座に勝利
世界最古の400年前の棋譜!大橋宗桂VS本因坊算砂をAI解析!
世界最古の400年前の棋譜!大橋宗桂VS本因坊算砂をAI解析!