25年ぶりの劇場版となり、2021年に二部作連続公開される劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(前編1月8日(金)、後編2月11日(木・祝))。皆既日食の最中入り込んできた敵デッド・ムーンが、地球の征服をもくろみセーラー戦士たちの前に立ちはだかるという原作の4期にあたる「デッド・ムーン」編が描かれる。

 前編でセーラー戦士たちの前に立ちはだかるのは、デッド・ムーンサーカス団の動物で、人間に姿を変えられた「アマゾン・トリオ」。魚から姿を変えたフィッシュ・アイを演じるのは、『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの美風藍役や『KING OF PRISM』シリーズの如月ルヰ役、さらには日本武道館や1万人規模のホールでの単独ライブなどアーティストとしての活躍も目覚ましい蒼井翔太

▶動画:蒼井翔太のハートを射止める男性声優は…?“ご褒美の投げキス”がかわいすぎる!

 今回ABEMA TIMESでは、蒼井翔太にインタビューを実施。大好きなキャラクターであるフィッシュ・アイを演じることになった想いや、溢れる作品への愛について話をたっぷり聞いた。前編・後編にわたってお届けする。

――まず、出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

蒼井:「美少女戦士セーラームーン」という作品は、僕にとって青春そのもので、思春期にどれほど彼女たちに、どれだけ作品そのものに助けられたかと思うほど、自分の中では大きな作品です。そんな大切な作品にアマゾン・トリオのフィッシュ・アイとして出演が決まったことは、僕の中では奇跡が起こったとしか言いようがないというか…。90年代のテレビアニメでは石田彰さんが演じられていたフィッシュ・アイですが、「美少女戦士セーラームーン」全ての中で一番好きなキャラクターだと、ずっと色々なメディアとか、自分がやっていたラジオとかでも発言させていただいていたんです。なので、合格をいただいた時は事務所で嬉しくて大泣きしました。

ただ、やっぱりオーディションがくるっていうこと自体がすごく驚きというか衝撃で…。包み隠さず話してしまえば、石田彰さんが演じられていたフィッシュ・アイがすごく好きだったので、「あ、ということは…」と僕の中ではなりました。それほど大きなキャラクターですし、複雑な気持ちも正直ありました。でも、それと同時に「もしこれがチャンスなのだとしたら、フィッシュ・アイという役をつかみたい!」という夢に変わったんです。石田彰さんが演じていたフィッシュ・アイというキャラクターにリスペクトはもちろんしつつ、「忠実」ではなく、「誠実」に向き合って、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」ならではの、蒼井翔太にしかできないフィッシュ・アイが表現できたらなという、強い使命感にも近い気持ちが湧いてきたことを覚えています。

――蒼井さんが、本当にフィッシュ・アイというキャラクターを大切にされていることが伝わってきます。初めてご覧になった時も、今も、フィッシュ・アイのどんな所に惹かれましたか?

蒼井:「美少女戦士セーラームーン」を観ていた頃って、声優というお仕事を認識していなかった時期で、ただ純粋にアニメやアニメソングを楽しんでいたので、エンドロールを見ていなかったんですね。でも、フィッシュ・アイの声を聴いて、とても不思議なオーラを放っているキャラクターだと思ったんです。それで、エンドロールのフィッシュ・アイの隣にはどんな名前の方がいらっしゃるんだろう?って気になったんです。「この名前の方は漢字的に男性だろう」と思い、パソコンで調べたらやっぱり男性で衝撃を受けて…。僕の生きてきた中で一番の衝撃ではなかろうか、っていうぐらいの衝撃でした。それと同時に、「声優というお仕事があるんだ」っていうのを認識した瞬間でもありました。

「声が可愛くて女の子の見た目をしているんだけれども、僕っ子だし、でもやっぱり女の子の声にも聴こえるし、と思ったら男の子にも聴こえる…なんだろう?この人の声は!」というのが本当に気になったんですよね。その後、作品を観続けていくうちにフィッシュ・アイだけではなく、アマゾン・トリオという3人がジルコニアの命令で、ペガサスがいる美しい夢の鏡を探していく中で、「自分たちには夢がない」って気付くわけですよね。観ていた当時は、僕も子供だったので、夢に対する明確なビジョンっていうものがなかったんです。だから「自分たちに夢がない、なんでだろう」っていうところに敵役なのに感情移入してしまう…。そんなキャラクター像も、フィッシュ・アイに惹かれた理由のひとつではあるのではないかと思いました。

――アマゾン・トリオは敵役ではありますが、本当に魅力的で、時に応援したくなってしまうキャラクターですよね。

蒼井:いやもう、本当に!アマゾン・トリオだけじゃないんですけどね!「セーラームーン」の敵役はもうどれも可愛くて、魅力的だぜ!っていう感じで、つい熱くなっちゃいます(笑)。

――そんなフィッシュ・アイを演じるにあたって、本作ではどの様な想いをこめられましたか?

蒼井:もともと大好きだったキャラクターですので、僕と同じような気持ちの方がたくさんいらっしゃると思うんです。僕と同じ様に石田彰さんのフィッシュ・アイが大好きな方も多いと思うんですけど、だからこそ、石田さんの演じられていたフィッシュ・アイの再現というか、物真似するようになってしまうと、フィッシュ・アイにも、石田さんにも、他のキャストさん、スタッフさんにも失礼だと思ったんです。蒼井翔太だからこそ、そして日野聡さんと豊永利行さんのタイガーズ・アイとホークス・アイの3人だからこそ織りなせるアマゾン・トリオを表現したいと。本作には本当にたくさんのものが凝縮されて作られていて、多くのシーンがある中、ここまでアマゾン・トリオを描いてくださって感謝の気持ちでいっぱいです。

――本当に大好きな作品に、大好きなキャラクターで出演されて結構周りの反響も大きかったのでは無いですか?

蒼井:そうですね。お仕事関係だけでは無く、地元にいた頃から「セーラームーン」を好きな友達が周りにいっぱいいましたし、ずっと「フィッシュ・アイが大好き」と言ってきたので、発表された時に友達からのLINEがすごくたくさんきました。「マジか!?えっ、ちょっと!」「ホンマかいな!?」って。でもその数ある友達からのLINEの中に、一通だけ「夢って叶うんやな」っていう言葉があったんです。本作も夢とか憧れというものがテーマになっているので、アフレコに臨む前に、夢が叶ったっていうのを実感したひと時でした。いつも応援してくださる皆さんも「よかったねー!」って喜んでくださって、本当にありがたいです。

――キャスト決定の時のコメントから、大きな喜びが伝わってきたので、見ているこちらもとても嬉しくなりました。後編のインタビューでは、蒼井さんの「美少女戦士セーラームーン」への想いをさらにお伺いします!

【作品情報】

■タイトル:劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《後編》 

■公開日:《前編》2021年1月8日(金) 《後編》2021年2月11日(木・祝)

■映画公式 HP:sailormoon-movie.jp

■映画公式 Twitter:@sailor_movie

テキスト:中村梢

写真:山口真由子

(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」製作委員会

「やりたいことがあるからこそ悩みにぶつかる」蒼井翔太がセーラー戦士たちに共感する理由とは【劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」インタビュー後編】 【ABEMA TIMES】
「やりたいことがあるからこそ悩みにぶつかる」蒼井翔太がセーラー戦士たちに共感する理由とは【劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」インタビュー後編】 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
蒼井翔太がネグリジェ姿を披露!「声優パジャマ会議 in WINTER♡♡」
蒼井翔太がネグリジェ姿を披露!「声優パジャマ会議 in WINTER♡♡」
美少女戦士セーラームーンS
美少女戦士セーラームーンS