25年ぶりの劇場版となり、2021年に二部作連続公開される劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(前編1月8日(金)、後編2月11日(木・祝))。皆既日食の最中入り込んできた敵デッド・ムーンが、地球の征服をもくろみセーラー戦士たちの前に立ちはだかるという原作の4期にあたる「デッド・ムーン」編が描かれる。

 前編でセーラー戦士たちの前に立ちはだかるのは、デッド・ムーンサーカス団の動物で、人間に姿を変えられた「アマゾン・トリオ」。魚から姿を変えたフィッシュ・アイを演じるのは、『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの美風藍役や『KING OF PRISM』シリーズの如月ルヰ役、さらには日本武道館や1万人規模のホールでの単独ライブなどアーティストとしての活躍も目覚ましい蒼井翔太

▶動画:蒼井翔太のハートを射止める男性声優は…?“ご褒美の投げキス”がかわいすぎる!

 今回ABEMA TIMESでは、蒼井翔太にインタビューを実施。インタビュー前編では、自身が声優を目指すきっかけになった「フィッシュ・アイ」というキャラクターへの想いを語ってもらった。後編となる今回は、「美少女戦士セーラームーン」の思い出や改めて感じる魅力について話を聞いた。

――前回のインタビューでは劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」について色々とお話を伺いました。改めて「美少女戦士セーラームーン」のどんなところに魅力を感じていたんでしょうか?

蒼井:当時アニメを観ていた頃を思い出してみると、女の子が変身して戦う作品はこれまでにあっても、「セーラームーン」ほどたくさんの女の子が登場する作品ってなかなか無かったと思うんです。一人ひとり違う守護星を持ったキャラクターで、だからこそカラーも違うっていうところが、「いくつ目があっても足りない、何人推しがいても足りない!」みたいな魅力があって。女の子はもちろんですけど、男の子でも変身願望がある人は憧れると思います。変身シーンも綺麗だし、技の描写もめちゃくちゃパワフルでかっこいいし、それはセーラー戦士側も敵側も同じなんですよね。

思春期真っ只中の女の子達が、ルナに出会ってから人生がガラっと変わって、そこから、星を守るために生死をかけて、自分の命がどうなるかもわからないのに、そういう危機も乗り越えて戦わなければいけないという使命を背負わされる…夢もやりたいこともたくさんあるだろうに、でも使命を持って戦うという、彼女たちの強さを感じる作品だなと、歳を重ねてあらためて「美少女戦士セーラームーン」という作品と向かいあった時に思います。「セーラームーン」を観ていると、普段自分がちょっとしたことでへこんだり、泣いたり、挫折してしまったりということがあっても「自分も強くならなきゃ」と思わせてくれるんです。

――本当にそうですよね、格好良いですし可愛いですし、美しいという…。ちなみに、蒼井さんはセーラー戦士の中では誰推しだったんですか?

蒼井:みんな素敵なので一人だけというのは選びづらいんですが、憧れていたのは亜美ちゃん(セーラーマーキュリー)です。分析力がすごくあって、いつもうさぎちゃんのそばにいて、うさぎちゃんに「お勉強しなきゃ、だめよ」ってアドバイスしたり。亜美ちゃんみたいな友達がいてくれたら、自分ももっと勉強が好きになったのかな?とか(笑)。あとは、シャボンスプレーがすごく可愛くて、物真似をずっとやっていましたね。シャボン玉を買って、頭の中で「シャボンスプレー!」と言いながら、口にくわえてふーって出したりとか…すごく懐かしいです。

さらに話が進んでいくと、セーラーウラヌス、セーラーネプチューン、セーラープルート、セーラーサターンとか出てきますけど、技をくらってみたいのはプルートのデッド・スクリーム。ただ、人物での推しは、ネプチューンお姉さまですね。あの髪色にいつかしてみたいと思います。でも、ウラヌスもかっこいいし、サターンも可愛いし……ダメです選べません(笑)。みんなちゃんとした個性があって、作り手の愛が一人ひとりに注がれているっていうのがわかるから選べないんだろうなって思います。

――本作の中でも、セーラー戦士たちの背景がしっかりと描かれていて、内面の悩みなども見れるのが良かったです。

蒼井:憧れややりたいことがあるからこそ、その時に起こっている自分の身の回りの悩みにまずぶつかる…そこに共感できるなぁと思いました。僕自身もこのお仕事をやらせていただいて、好きなこと、やりたいことだからこそ、自分で作ってしまう壁もあったりします。でも、そこに立ち向かっていかないと、夢って近付いてこないのかなって思います。だから本当に彼女たちは強いなって思うんですよね。

――これも本当に難しい質問だと思うのですが…テレビアニメシリーズの中で好きなシーンやエピソードはありますか?

蒼井:も~う!そんなこと言われたらね(笑)!

――なかなか選べないですよね(笑)。

蒼井:そうなると、完全オタクの意見になっちゃうからな…。ストーリー全体の話になるのですが、外せないのは初代のアニメの最後。セーラー戦士がクイン・ベリルのいるダーク・キングダムに向かっていく中で、DDガールズと戦って、一人ずつ戦士たちが命をおとしていく…あの話が当時すごくショックでとても悲しかったです。本当に泣きました。彼女たちが背負う使命が詰め込まれていて…。「辛いけれども、観る!それが俺の使命だ」って、それが勝手に自分の使命になったりして(笑)。その時のレイちゃんの行動はすごく印象に残っています。いつもうさぎちゃんに憎まれ口を叩いているレイちゃんの格好良さと、ちょっとしたお茶目な部分が…って、今話しているだけでも泣けてきます。

そしてやっぱり「デッド・ムーン」編。演じさせていただいたアマゾン・トリオのストーリーはもちろん、エンディング曲の『"らしく"いきましょ』っていう曲があって、それがめちゃくちゃおしゃれで、大好きで、カラオケに行くと絶対歌うんです。それもとても思い出深いです。

――「セーラームーン」って語っていくうちに、本当に人生が語れるというか、思い出もたくさん出てきますよね!

蒼井:本当にそうなんですよね!時代が進むにつれ、映像とか色味とかの表現もすごく発展していて、今回の劇場版もすごく綺麗に描かれていて感動しました。でも90年代当時の技術で素敵に描かれた「セーラームーン」も全く色あせていないんです。そこが不思議なんですよ。「セーラームーン」の瞳の描き方も当時すごく斬新だったのだと思います。小学校でも、この瞳を描けた子がすごく人気がありました(笑)。

――すごく分かります(笑)。ノートに描いているとみんな集まってくるみたいな…!今の「セーラームーン」しか観たことが無い方も昔の作品を観て感動すると思います。

蒼井:「セーラームーン」好きが増えろ、増えろ、もっと増えろ!って思います。無限にね。僕は、「セーラームーン」は永遠だと思っています。

――それこそ、今ってたくさんのグッズが出ていて、当時のおもちゃの復刻とかも懐かしいですよね。

蒼井:以前雑誌の取材を受けさせていただいた時に復刻版のムーンスティックとかを触らせてもらったんですが、大人になっても夢がありますよね。本当に変身出来るんじゃないか!という。

――今日蒼井さんにお話を伺って、改めて「美少女戦士セーラームーン」って素晴らしいなと思いましたし、また何度でも観たくなりました! 本当に楽しいお話をありがとうございました。

蒼井:こちらこそありがとうございました。ぜひ多くの方に劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」を楽しんでいただきたいです!

【作品情報】

■タイトル:劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《後編》 

■公開日:《前編》2021年1月8日(金) 《後編》2021年2月11日(木・祝)

■映画公式 HP:sailormoon-movie.jp

■映画公式 Twitter:@sailor_movie

テキスト:中村梢

写真:山口真由子

(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」製作委員会

合格を聞いた時は嬉しくて大泣き…蒼井翔太が語る、憧れのフィッシュ・アイを演じる想いと意気込み【劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」インタビュー前編】 【ABEMA TIMES】
合格を聞いた時は嬉しくて大泣き…蒼井翔太が語る、憧れのフィッシュ・アイを演じる想いと意気込み【劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」インタビュー前編】 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
蒼井翔太がネグリジェ姿を披露!「声優パジャマ会議 in WINTER♡♡」
蒼井翔太がネグリジェ姿を披露!「声優パジャマ会議 in WINTER♡♡」
美少女戦士セーラームーンS
美少女戦士セーラームーンS