90年代に「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」など数々のヒット曲を生み出し“冬の女王”と呼ばれた広瀬香美が、今年“YouTubeの女王”として再ブレイクを果たした。3月にアップされた最初の“歌ってみた動画”(米津玄師 / Lemon)は1週間で100万回以上再生、以降も多くの楽曲をカバーし反響を呼んでいる。

 広瀬の歌ってみた動画といえば、持ち前の歌唱力とピアノ演奏力を活かしたオリジナリティ溢れるアレンジが魅力。さらに「チョップ奏法」「ヒジ打ち奏法」など独創的な演奏方法を打ち出し、視覚にも訴えるパフォーマンスを楽しむことが出来る。再び大きな注目を浴びることとなった2020年。広瀬にこの1年を振り返ってもらった。

YouTubeは嘘がバレてしまう場所

 コロナ禍で自宅で過ごす時間が長くなり、YouTubeを視聴する機会は増えた。そんな中で、始まった広瀬の「歌ってみた動画」は瞬く間に大きな話題に。世間の反響について聞くと、「ビックリしました」と笑う。

「元々“歌ってみた動画”には乗り気ではなかったんです。けど、今年は自粛期間があり、時間もあったので、スタッフの提案を受けて“やってみようかな”という気持ちから始めました。まさかこんなに反響をいただけるとは予想出来ませんでしたね。言ってしまえば昔から私が行っていた“遊び”をYouTubeで披露したら、世間にとっての“面白い”になった。本当に何がウケるかわからないものですね」

 広瀬の動画を見ていると音楽を奏でる喜びや、エモーショナルな部分が画面を通じて伝わってくる。そんな広瀬はYouTubeというプラットフォームを「嘘がバレてしまう場所」と考えている。

「YouTubeは視聴者の皆さんとの距離が近い。例えば、あまり好きではない楽曲を取り繕って歌ってもそれは見ている人に伝わってしまいます。なので、必ず動画で披露する楽曲は自分の中で一旦消化して、音楽的な喜びを感じたもの選んでいます。その上で“見ている人を楽しませる”というのを心がけてます」

 YouTuberとしての活動が大きな注目を集める中で、広瀬は自身の立場にも変化を感じたという。「最近は街で20~30代の方に『YouTube見ました』と声を掛けられる事の方が多いんです。90年代のJ-POPを通っていないような方に知ってもらえて、改めてYouTubeの影響力はすごいんだと思いました」と明かした。

 ライブ会場の客層にも影響があった。「夏にツアーを開催した時、客席にはこれまで見たことのないような若い方もいらっしゃいました。それはやっぱり喜ばしいことですよね」と微笑む。

今年を表す漢字一字は「笑」

 前述の米津玄師「Lemon」をはじめ、official髭男dism「pretender」、LiSA「紅蓮華」などさまざまなヒット曲のカバーを披露している広瀬。「これまでアレンジした楽曲で面白い発見があったものは?」と聞くと、意外な答えが帰ってきた。

「どぶろっくさんの『もしかしてだけど』をカバーして私なりに『このアレンジ、皆さんどうですか?』と真面目に提案したつもりでしたけど、あんなに“面白おかしく”取り上げられるとは全然予想していませんでした。もしかしたら私がズレてるのかなと思いましたね(笑)」

 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により世の中が閉塞感に包まれた。そんな中、広瀬の動画で笑顔の連鎖が起きたことに喜びを感じているという。

「歌を歌って“面白い”と言われるのは初めての経験でしたけど(笑)、うれしかったですよ。このご時世柄なかなか皆で笑うことが出来なかったり、部屋で過ごす時間も多い。そんな中、私の動画で『笑えた』とか『家族全員で見てる』とか『笑顔をありがとう』とコメントをもらえると私も“いいことが出来てる”と思えるというか」

 そんな広瀬は今年を表す漢字一字を「笑」とした。「今年は『笑い声が面白い』とか、『笑い声を聞くと元気になる』など、歌やトークよりも“笑い声”を褒められた1年でした。それは自分でもびっくりしましたし、笑い声というのは商売になるんだなと思いましたね(笑)」と明かした。

大晦日、皆さんに笑顔になって欲しい

 1月27日にはニューアルバム「歌ってみた 歌われてみた」をリリース。本作には広瀬の“歌ってみた”カバー曲に加え、広瀬がさまざまなアーティストとコラボした“歌われてみた”楽曲も収録される。代表曲「ロマンスの神様」で相棒を務めるのはももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子だ。

 百田との共演を振り返り、広瀬は「レコーディングで何回も“この箇所をもう1回やりたい”とトライしてくれて、ボーカリストとしての姿勢に感動しました。難しい曲で、簡単には歌えないと思うんですけど、楽しげに、そして魅せるようにやってのける姿はとてもかっこいいなと思います」と力を込めた。

 今年の大晦日、ももクロ主催の年越しライブイベント「第4回 ももいろ歌合戦~ニッポンの底力~史上最多アーティストと年越し7時間生放送」に初出場する。出演を決めた経緯について聞くと、「百田さんとレコーディングでいい共演をさせていただいたので、また何かご一緒出来ないかなと考えていた矢先にお話をいただきました。“ぜひぜひ”という思いでしたね」と振り返る。

 レコーディングでは百田の人柄にも感銘を受けた。「本当に優しくて真面目。ちゃんと歌を練習して来てくださるし、特に私が作った曲だから“大切に歌ってくれてる”というのは手に取るように分かってします。その中で百田さんは『ロマンスの神様』を大事に感謝の気持ちを持って表現してくれているのがすごく伝わってきました」と話した。

 最後に「『ももいろ歌合戦』はどんなステージに?」と聞くと、「百田さんの笑顔とかわいらしい声を借りて、2人で日本中に笑顔と元気を届けたいと思います。大晦日、ぜひ皆さんに笑顔になって欲しいですね」と意気込んだ。

 2020年、YouTubeを通じて再ブレイクした広瀬が今年の締めくくりの場所として選んだのは「ももいろ歌合戦」。百田とのデュエットで、日本の大晦日を明るく照らす。

ももクロ、“初の無観客”での大晦日『ももいろ歌合戦』開催を発表! 木梨憲武、HYDE、OWVらが初出場 【ABEMA TIMES】
ももクロ、“初の無観客”での大晦日『ももいろ歌合戦』開催を発表! 木梨憲武、HYDE、OWVらが初出場 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
鬼越トマホーク、ももクロの記者会見に乱入で強烈ダメ出し! 「リアルw」「詳しすぎる」ファン騒然 【ABEMA TIMES】
鬼越トマホーク、ももクロの記者会見に乱入で強烈ダメ出し! 「リアルw」「詳しすぎる」ファン騒然 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
ももクロ、視聴者参加型ライブで示した配信ライブの新たな形「この場所からたくさんのものが届いているといいな」 【ABEMA TIMES】
ももクロ、視聴者参加型ライブで示した配信ライブの新たな形「この場所からたくさんのものが届いているといいな」 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES