スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材
番組をみる »

 新型コロナウイルスの話題一色だった2020年。「三密」が流行語大賞に選ばれ、「ソーシャルディスタンス」の必要性が叫ばれる中、大きな打撃を受けたのがエンタメ業界。ライブやイベントは軒並み中止され、テレビ収録もリモート出演が当たり前。芸能人、アーティストは岐路に立たされた。

 そんな中、なりたい職業ランキング2位になったYouTuberの世界にも劇的な変化があった。それは、芸能人YouTuberの劇的な増加。その数、2020年だけで200チャンネル以上。特に、緊急事態宣言が発令された3月から4月にかけてチャンネルを開設した芸能人が多かったようだ。

【映像】芸能人YouTuberの躍進

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 そこで今回、2020年に新規参入した芸能人YouTuberの中から、話題となったチャンネルを4つの部門にわけて紹介する。まずは培ってきた知識を紹介する“学”部門。2020年6月にチャンネルを開設したのは、俳優の武田真治(48)。

 NHKの『筋肉体操』で注目を集め、YouTube参入から1か月後の7月には22歳年下のモデル・静まなみ(26)との結婚を発表。公私ともに絶好調の武田のチャンネルでは、自慢の筋肉を作り上げてきた武田真治流のトレーニング動画などを投稿している。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 続いては、レシピ本を出版するほど料理好きな、お笑いトリオ・ロバート馬場裕之(41)。『馬場ごはん』では、得意の簡単レシピをわかりやすく紹介する動画が人気となっている。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 多くの芸能人が様々なためになる動画を発信する中、特に異彩を放っているのが2020年5月に開設された『原田龍二の湯~チューブ』。原田龍二(50)と言えば温泉いうことで、埼玉県川口市にある天然温泉『ゆの郷』で、温泉に浸かりながら自身のチャンネルについて語ってもらった。YouTubeを始めようと思ったきっかけについて「温泉番組で温泉と出会って、入っていくうちに温泉に助けられたというか、心身ともに癒されたという実感があったので、YouTubeを通して温泉への恩返しをしたいそういう思いから始めた」と、コメント。続けて、「どういう風に恩返しができるのかなと考えたところ、例えば銭湯に行って銭湯を掃除するとか、ゲストをお招きして、お風呂に入りながら温泉にまつわる話したりとか。お互い裸になることで色々親睦を深めようということで、温泉を利用して人と親睦を図る。そういった意味でしょうかね」と、語った。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 コロナ禍で、入浴客が激減する温泉業界の力になれればと、宣伝も兼ねて各地の温泉や銭湯も紹介している原田。温泉への愛が詰まっているチャンネルと思いきや、コラボしている芸能人はなぜか女性ばかり。事の真意を問うと「色々と統計をとったところ、男性の視聴者が多いんです。動画作りに色々なスタッフが関係してくださっているんですけれど、その方と色々話した結果見てくださっている男性を喜ばすためにはっていう前提で魅力的な女性にもたくさん出ていただいたっていうそういうことでしょうかね」と、話す。本当に原田の意向は入っていないの、かとの質問に「これ言っちゃうと、また反省していないんじゃないかって話になるんですけれど。僕が選んでいたらもっと女性を呼んでいたかもしれないですね」と、話した。

 そんな温泉愛に満ちた原田が、日めくりカレンダーを発売した。スキャンダルで世間を騒がせたことを糧に反省し、毎日を生きるための言葉を綴っている。「毎日反省。これ一生続きますよろしくお願い致します」と、アピールした。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 続いては、自身の美貌や美容について投稿している“美”部門。

 女優の内田理央(29)も今年、YouTuberデビュー。モデルとしても活躍している彼女が、愛用しているファッションやコスメなどを紹介している。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 美容は美容でも、独自のメイク術を紹介しているのはお笑いコンビ・ゆにばーすのはら(31)。本を出せるほど研究し、別人かと思うくらい変化するメイクの仕方を施しながら紹介。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 一味違う“美”を生かした動画を投稿しているのは、抜群のスタイルと美貌を武器にYouTubeデビューしたグラビアアイドルの森咲智美(28)。

 現在、Instagramのフォロワー数は340万人を超え、日本の芸能人フォロワーランキングでは、俳優・女優・スポーツ選手と並み居る著名人を抑え15位に君臨する程のグラビア界のInstagram女王だ。“日本一エロすぎるグラビアアイドル”として活躍している森咲は、YouTubeを始めたきっかけについて「家の中にいると暗い気持ちになったりとか、あんまり外に出られなかったりしたじゃないですか。オンライン上で繋がれるのって私自身も支えになった部分もありますし“日本一エロすぎるグラビアアイドル”として常にエロを届けて元気になってもらいたいなって気持ちもあった」「YouTubeやれてよかったかなと思っています」と、コメント。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 「エロで元気に」をコンセプトに、動画を発信し続けているという森咲。群馬県の山奥まで行き川釣りを楽しんだり、サバイバルに挑戦するなど体を張った動画を投稿している。「日本一エロをキープしつつプラスαなにかにチャレンジしていくっていうコンセプトの動画にしています。サバイバル動画とかもさせていただいているんですけれどもそこでもやっぱりおっぱいだけは出してサバイバルをしたりとかサバイバルの中でナマズを川の中の穴に手を突っ込んで取ったりとかしていますね」と、話した。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 攻めた動画で話題をさらう一方、「日本一のエロ」という肩書は、YouTubeで活動する上で時に足かせにもなるそう。「“日本一エロすぎるグラビアアイドル”としてギリギリまで攻めた結果、エロすぎちゃって収益BANを3ヵ月間食らっちゃったことがあって。最近だとエロとエロじゃない境界線がわからなくなってきちゃっていてエロのハードルが下がってきちゃったなとはちょっと感じています」。

 私生活にも影響を及ぼすほど“エロ”のことで頭がいっぱいの森咲は、2021年に新たに挑戦したいことについて「女性のためのもの、女性の手助けになるようなことをできたらなって思っていて。世の女の子たちがちょいエロで明るい気持ちになってくれるようなものをプロデュースしていきたいなとも思っております。YouTubeでは世の男性たちにも色々元気になっていただければなと思うので頑張ります」と、意気込んだ。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 続いての部門は特技や趣味を投稿している“極”部門。

 お笑いコンビ・ハーパーのほしのディスコ(31)。2020年8月に開設したチャンネルで「歌ってみた動画」を投稿すると、芸人にしておくのはもったいないほどの高い歌唱力で、たちまち大きな話題に。再生回数は、実に100万回以上を記録した。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 また、極めた特技で大きな話題をさらったのが今年大活躍のお笑いコンビ・ティモンディ前田裕太(28)と高岸宏行(28)による『ティモンディ ベースボールTV』。2人は、甲子園常連の済美高校・野球部出身で、高岸はプロからも声が掛かったほどのキャリアを築いてきた。そんな2人が投稿している動画について前田は「僕らは野球を基本的にしているというか野球しかしていないというか、そういう動画です。高校時代済美高校の野球部で野球をしてきたっていうのがあるので、それの繋がりだったり今プロで活躍されている方だったり元プロの方だったり、今野球をやられている方を含めてちょっとでも野球をやっている少年少女とか大人の方とか野球に慣れ親しんでいる方々に楽しんでもらえるようなものになればなとは思っていますね」と、説明。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 YouTubeでも130キロ超えの速球を披露している高岸。お笑い芸人になった今でもトレーニングを欠かさず続けているそうで「ジャンプしたり壁打ちしたり、前田と集まってキャッチボールしたりしています」。続けて、前田は「露出が増えて高岸という人間を認知されてきたのでまだなんとかなっていますけれど、無名の時180cm近い大きい大人がひたすら公園で飛んでいる姿って結構異様で、通報されないかなっていうのは心配でした。今はだいぶ高岸も普段からオレンジなので声をかけられるくらいにはなっているので心配は少なくなりました」。

 “やればできる”でブレイクを果たし、テレビ出演本数が1年で151本も増加したというティモンディ。2021年の抱負について前田は「僕自身は2020年色々な方に支えられてなんとかお仕事もやりきれたかなとは思うんですけれど、一緒に仕事をしている上の方々とかすごく腕もあるし機転も利くし経験値も全然違うので我々もっと実力つけていかないといけないかな。ある意味で自分自身が力をつける1年にしたいなと思っていますね」。高岸は「僕の夢はみなさんの夢の達成とどんな時でもみんなを前向きにすることなので2021年は応援していきます」と、話した。

スリムクラブ内間「残5000万円の住宅ローンを返済するため」芸能人の“YouTube参戦”が激増!個性派YouTuberを独自取材

 最後は、これからが気になる期待のネクストブレイク部門。その芸能人YouTuberはお笑いコンビ・スリムクラブ内間政成(44)。内間は今年の8月にチャンネルを開設。今年になってからYouTubeを始めた理由について「色々理由はありますが、まず1番は住宅ローンの返済のためです」「あと28年あります。金額でいうと残り5000万円です」と、告白。

 残り5000万円の住宅ローンを返済するため、再起を狙ってYouTubeを始めたものの特にアイデアはない様子。そんな内間が最近気になっているのが、チャンネル登録者数。「(今の登録者数は)480人です。だから地元の友達ですね...」。

 2019年、騒動で謹慎生活を送り、やっと活動できると思ったところに新型コロナウイルスの流行。さらには、ラストイヤーのM-1も準々決勝で敗退と散々な1年にも思えるが、YouTubeを始めたことで良いことがあったそうで「ひょんなことからなんですけれども、企画で石垣島の少年野球チームに寄付ができたんです。黒ひげ危機一髪で剣が刺さるごとに1000円寄付するという企画で僕12本刺しまして、1万2000円分の軟式ボールを送ることができました。石垣島の新聞には取り上げてもらいましたね」と、振り返った。

芸能人YouTuberの躍進
芸能人YouTuberの躍進
【独占】セクシーYouTuber・森咲智美
【独占】セクシーYouTuber・森咲智美