“地盤・看板・鞄”がある議員は羨ましい? 若手議員のホンネは
番組をみる »

 元日のABEMANewsBAR橋下』に出演した与野党の若手議員と橋下徹氏が、政治家にとって最も切実な問題である選挙ついて率直に意見を交わした。

 まず、「ベテラン政治家の地盤・看板・鞄が羨ましい?」との率直な問いに、Yesと答えたのは、立憲民主党の関健一郎衆院議員だ。「一言で言うと、僕は選挙に弱いので、強くなりたい。選挙に強い方々も努力はされているわけだが、地盤・看板・鞄がある人は仲間が苦しい時に選挙に応援に行って、助けることもできる。そこは心から羨ましい」。

・【映像】橋下徹×未来リーダー!10年後の日本どうする!?会議

“地盤・看板・鞄”がある議員は羨ましい? 若手議員のホンネは

 同じ立憲民主党の中谷一馬衆院議員は「“ローマは一日にして成らず”で、ベテラン議員の方も世襲議員の方も、血の滲むような労力を積み上げていると思う。そこに僕たち若手が挑んでいく時には、その何倍もの努力をしないといけないというのはある意味で当然だ」とコメント。

“地盤・看板・鞄”がある議員は羨ましい? 若手議員のホンネは

 公明党の伊佐進一衆院議員も「地盤・看板・鞄といっても、一朝一夕にできるものではない。やはりそこは地べたを這いずり回って積み上げてきた結果の賜物だと思う。世襲議員といえど、全てをそのまま引き継げるということではなく、最後は人と人とのつながりになってくると思う。我々公明党にも応援してくださる方はたくさんいらっしゃるが、公明党の候補なら誰でも応援するというわけではない。やはり一人一人との関係を積み上げていく中から、地盤・看板・鞄というものができてくると思う」とした。

“地盤・看板・鞄”がある議員は羨ましい? 若手議員のホンネは

 ここで橋下氏が、地元・広島が選挙区の自由民主党・小林史明衆院議員に「地元では河井夫妻の選挙違反問題が出ているけれど、最初に報じられた時、僕は検察に言わされているんじゃないかと思った。国会議員が正規の手続きを踏んで、地方議員にいわゆる寄付というやり方で“頑張ってね”と現金を配ることはよくある。そこで、“あれは選挙買収目的だった”とみんなが次から次に言い出したから。ただ、広島の参院選では通常だったら自民党の候補者は1人のところに官邸側が河井さんを当ててきて、かなり激しい選挙戦になった。そこで現金が飛び交ったことが事実だったら本当に改めてもらわないと、日本全体が政治に対して不信感を抱いてしまう。これは小林さんをはじめ、みなさんに旗を振ってもらって改善してもらいたい」と指摘した。

“地盤・看板・鞄”がある議員は羨ましい? 若手議員のホンネは

 小林議員は「あれが広島の当たり前だとは思ってほしくはない。普通はあんなことはやっていない。本当に申し訳ないことだし、なぜ今回だけ異常なことが起こったのか。とにかく政治は街を良くするものだと思ってもらわないと信用は取り戻せない。政策で結果を出すために、しっかりやっていく」と話していた。(ABEMA/『NewsBAR橋下』より)

橋下徹×未来リーダー!10年後の日本どうする!?会議
橋下徹×未来リーダー!10年後の日本どうする!?会議