アニメ「リゼロ」第2期、待望の後半クールが放送スタート!イケメンすぎる「オットー」がさっそくトレンド入り
番組をみる »

 アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下「リゼロ」)第2期の後半クールがついに放送スタート。初回にあたる第39話は、スバル(CV:小林裕介)とオットー(CV:天﨑滉平)の友情がグッと深まるエピソードだった。

 前半クールの最終回にあたる第38話では、王国有数の魔法使い・ロズワール(CV:子安武人)こそが屋敷を刺客に襲撃させた犯人だったことが判明。ロズワールが400年前から生きていることを示唆する発言などもあり、衝撃の事実が次々と明らかになる展開だった。仲間だったはずのロズワールの裏切りに、視聴者からは「初めてロズワールが怖いと思った」「サイコを感じました」と驚きのツイートが相次いだ。

▶動画:アニメ「リゼロ2nd season」全話リスト

 そして迎えた第39話「STRAIGHT BET」では、旅の行商人・オットーが、打つ手を失い絶望するスバルに活を入れた。オットーの激励によって希望を取り戻したスバルは、ロズワールの企みに抗うことを決意。奔走するスバルのために、オットーがガーフィール(CV:岡本信彦)を足止めする一幕もあった。

 “頼れる男”オットーの活躍に、視聴者の胸も高鳴った様子。Twitter上では「親友!最高!カッコいいぜ!」「イケメンすぎる」「今回で確実に惚れた」「オットーの株がずっとストップ高ですよ」「圧倒的オットー回だった…」など称賛の声が続出。番組公式ハッシュタグに加えて、「オットー」「STRAIGHT BET」といった関連ワードが見事トレンド入りを果たした。

第39話「STRAIGHT BET」

【あらすじ】

聖域に降りかかる惨劇、そしてロズワールの屋敷やアーラム村を狙うエルザたち。次から次へと襲い来る脅威の全てが残酷に仕組まれた罠であることを告げられたスバルは、どうしようもない八方塞がりな状況に絶望してしまう。そんなとき事態を打破する方法を思いつくことのできないまま自問自答を続けるスバルの前にオットーが現れ、スバルを殴りつける。様々な想いが込められたオットーの拳を受けて、スバルはまた希望を取り戻す。

(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員

実質1年間無料のチャンス!「リゼロ」シリーズが全話見放題のABEMAプレミアムに登録するなら今
実質1年間無料のチャンス!「リゼロ」シリーズが全話見放題のABEMAプレミアムに登録するなら今
ABEMA

▶映像:待望の後半クールが放送スタート!「Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season」#14

第39話「STRAIGHT BET」
第39話「STRAIGHT BET」