誹謗中傷だけじゃない? SNS迷惑行為「クソDM」の実態にカンニング竹山も怒り「余計な事」
番組をみる »

 16日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、女性に卑猥(ひわい)な内容や迷惑行為となる文章や文言を送りつける行為である「クソDM」の実態が明かされた。

 番組ではゲストに元TENGAの社員でPRを担当していたライターの工藤まおり氏、コラムニストの妹尾ユウカ氏、コスプレイヤーとアイドルを経てコンセプトカフェで働く岩瀬唯奈をゲストに招き、彼女たちが被害にあった「クソDM」を紹介していった。

 「クソDM」の例として、男性からの肉体関係をせまるようなメッセージを紹介。ところが妹尾氏が最初に披露したのは一風変わった「クソDM」。「病気で寝込んでいるのに彼氏がかまってくれない」といった相談や、知らない女性の顔の画像とともに「これって画像加工していると思いますか?」と質問などを送られてくるケースで、妹尾氏は見知らぬ相手からの立ち入った相談などは「クソDM」だと断じた。

▶映像:美女たちに届いた「クソDM」No.1を決める選手権開催

誹謗中傷だけじゃない? SNS迷惑行為「クソDM」の実態にカンニング竹山も怒り「余計な事」

 妹尾氏は他にも卑猥な内容のものや、家族写真に対して「お前本当ゴミだな」と誹謗中傷を送られたことがあると語り、竹山は「余計な事だなあ、お前に関係ねえだろ」と怒りをにじませた。

 さらには、フォローをした覚えのない相手から一方的に「フォローありがとうございます」など、返事をしていないにも関わらず続けざまにメッセージが送られてくる事例もあり、スタジオからは「怖い!」といった声が飛び交う展開に。

 最終的には「DMできてうれしかったです。ありがとうございました!」と勝手に締めくくられており、竹山が「送っている人はなにかしらの妄想というか自分の世界がある」と指摘すると、妹尾氏は「そうかもしれないですね」と応じていた。

誹謗中傷だけじゃない? SNS迷惑行為「クソDM」の実態
誹謗中傷だけじゃない? SNS迷惑行為「クソDM」の実態
妹尾ユウカ氏、パパ活の闇を暴露
妹尾ユウカ氏、パパ活の闇を暴露