森山未來勝地涼は10代の頃から俳優としての道を切磋琢磨しながら歩んできた。そんな二人がリング上で拳を交えるのが、『アンダードッグ』。現在はABEMAプレミアムで、劇場版未公開シーンを含む全8話構成の配信版が好評配信中だ。劇中には、森山の粋なサプライズ出演場面があると勝地は言う。

勝地涼、森山未來との予想外の共演シーンに動揺「メチャクチャ練習していったネタを間違えまくりました」 『アンダードッグ』裏話
番組をみる »

▶︎動画:勝地涼、森山未來との予想外の共演シーンに動揺「メチャクチャ練習していったネタを間違えまくりました」

 森山が演じたのは、ボクシングにしがみ付く“噛ませ犬系ボクサー”の末永晃。晃とバラエティ番組の企画で拳を交えることになる底辺お笑い芸人・宮木瞬を勝地が演じている。勝地は撮影秘話として「ラストに晃、宮木、そして龍太(北村匠海)の3人が今どういう風に生きているのかが描かれるシーンがありますが、宮木が噺家として立つ舞台の観客の中に実は晃(森山)がいます」と解説。

 当初そのシーンに森山が参加する予定はなかったそうで、勝地は「僕としては晃というか、未來君に見られている感覚で。メチャクチャ練習していったネタを間違えまくりました。それがそのまま使われています」と突然のサプライズにガチガチに緊張してしまったようだ。

 なぜ森山は勝地に内緒でサプライズ参加をしようと思ったのか?実はデリヘルの送迎中に晃が車中のラジオで落語を聞いているという設定が脚本上には存在しており、森山は「その経緯もあって、もしかしたら晃は宮木の寄席を見に行っているのではないか?と。晃は宮木とも拳を交えた経緯もあるので、彼の寄席を見に行くのも面白いと思った」と意図を説明する。

 森山にとっては役作りの一つだったのかもしれない。しかし10代の頃から森山を敬愛する勝地にとっては突然の客席乱入に「未來君が!?なんで!?」と大慌て。そのナチュラルなリアクション&ナチュラルなミスっぷりも劇中には収められているので、要チェックだ。

配信版『アンダードッグ』一問一答/ #アンダードッグ裏話 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
配信版『アンダードッグ』一問一答/ #アンダードッグ裏話 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
アンダードッグ [R15+] - 本編 | 映画 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
アンダードッグ [R15+] - 本編 | 映画 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
プロ並みのリアルファイトはいかに生まれたか?森山未來&北村匠海&勝地涼出演『アンダードッグ』壮絶なボクシング試合の舞台裏 【ABEMA TIMES】
プロ並みのリアルファイトはいかに生まれたか?森山未來&北村匠海&勝地涼出演『アンダードッグ』壮絶なボクシング試合の舞台裏 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES