異例!? 岩田剛典、“ライバル作品”もまとめてPR「映画の時間が安らぎのひとときになれば」
番組をみる »

 映画『名もなき世界のエンドロール』公開記念舞台あいさつが先月30日、観客を入れた状態で行われ、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRAIBEの岩田剛典(31)、俳優の新田真剣佑(24)らが出席。全国314館でライブビューイングされた。

【映像】『名もなき世界のエンドロール』舞台あいさつの様子

 この映画は、強い絆で結ばれたキダとマコトが、10年の歳月をかけてのし上がり、壮大な計画を実行するというサスペンス。舞台あいさつで、岩田は「感動しております。これだけお客さんが入った状態で舞台あいさつができるということが、本当に幸せなことなんだと改めて実感しております」とコメント。新田は「2回観るほど面白かったです。ぜひ2回、映画館に足を運んでいただけたらと思います」とその完成度に自信を見せた。

異例!? 岩田剛典、“ライバル作品”もまとめてPR「映画の時間が安らぎのひとときになれば」

 同じ境遇の幼馴染を描いている今作でのお気に入りのシーンとして、「海辺で3人で話すシーン」を挙げた岩田は、「日が落ちるのが早くて、マジックアワーのきれいな夕焼けの中で撮影しなくてはいけないというシチュエーションでしたので、意外と時間がなくて、もうとにかく『日が暮れるぞ、今日しかないぞ』っていう感じで撮ったことを鮮明に覚えていて。あのシーンはすごくお気に入りですね」と明かした。

 最後に岩田は、本作と同じ日に同時公開となった邦画『花束みたいな恋をした』『ヤクザと家族』の2作品もまとめてPRした。「『ヤクザと家族』、『花束みたいな恋をした』、そして『名も無き世界のエンドロール』、この3つをぜひセットでご覧いただきたいと思いますし、感染対策バッチリすれば安全だと思います。こういう映画の時間が皆さんにとって少しでも安らぎのひとときになってくれたらと思います」。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

岩田剛典 ライバル作品を異例のPR
岩田剛典 ライバル作品を異例のPR
岩田剛典 両親への恩返しは「自分が輝いている姿を見続けてもらうこと」
岩田剛典 両親への恩返しは「自分が輝いている姿を見続けてもらうこと」
岩田剛典、山本美月とキスシーンは2,30回
岩田剛典、山本美月とキスシーンは2,30回