アニメ「リゼロ」44話、闇落ちしたジュースに「悲しすぎる」「ボロ泣きした」とファン号泣
番組をみる »

 2月10日より順次放送中のアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下「リゼロ」)第44話は、魔女教の一員だったジュース(CV:松岡禎丞)が自我を失ってしまう展開だった。 

 同アニメは、人気ライトノベル(原作:長月達平/イラスト:大塚真一郎)を原作としたシリーズの第2期。異世界に召喚された主人公・スバルが、“死に戻り”の力を使い過酷な運命に立ち向かう。

 第43話では、ジュースが、虚飾の魔女・パンドラ(CV:釘宮理恵)たちと対峙した。ジュースは、パンドラからエミリア(CV:高橋李依)たちを守るために、自ら“魔女因子”を体内に取り込んだ。“魔女因子”によって強大な力を得たジュースは、大罪司教の中でもトップクラスの強さを誇るレグルス(CV:石田彰)を一瞬で吹き飛ばした。覚悟を決めたジュースの姿に、ファンも「最高にかっこよかった!」「漢の中の漢だぜ」「覚悟が凄かった!」など大興奮の様子だった。

【動画】最高にかっこいいジュースの「絶対に通さないの、デス!」(43話・12分40秒頃~)

 最新話「エリオール大森林の永久凍土」では、そんなジュースが、パンドラの能力によって、誤ってフォルトナ(CV:戸松遥)を攻撃。ジュースは、愛するフォルトナを自分の手で攻撃したショックから、心が完全に壊れてしまった。自我を失ったジュースが不気味な笑い声をあげるシーンもあり、Twitter上では「ボロ泣きしたわ」「これは自責の念にとらわれるやつだよ」「悲しすぎる……」「ジュースの闇落ちは衝撃的だったな」「心が崩れていく演技もやばかった」といった声が相次いでいた。

第44話「エリオール大森林の永久凍土」

【あらすじ】

ジュースとフォルトナの前に立ちはだかる虚飾の魔女パンドラ。ジュースとフォルトナは持てる力の限りを尽くして、パンドラに立ち向かう。その頃、幼いエミリアは封印のある場所を目指して走っていた。パンドラが求めるものを渡せば、皆を助けることができるかもしれない。しかし、必死の思いで辿り着いた封印のある場所には既にパンドラが待ち受けていた。幼いエミリアにパンドラは封印を解くのための鍵を渡して欲しいと告げる。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
44話(2期19話)を見る
44話(2期19話)を見る
43話(2期18話)を見る
43話(2期18話)を見る