闇の片鱗が見える?「五等分の花嫁∬」6話、一花の挑発的な「やった」にテンション爆上がり
番組をみる »

 アニメ「五等分の花嫁∬」第6話は、しっかり者の長女・一花(CV:花澤香菜)と内気な性格の三女・三玖(CV:伊藤美来)の関係が大きく変化する展開だった。

 アニメ「五等分の花嫁∬」は、春場ねぎ氏による漫画「五等分の花嫁」を原作としたアニメの第2期。学年トップの秀才・上杉風太郎と五つ子の美少女が繰り広げるラブコメディだ。第2期では、上杉風太郎と五つ子の新たな試験が描かれる。

 第5話では、女優でもある一花が、映画の撮影のために風太郎のバイト先であるケーキ屋に来店した。普段は大人っぽい一花だが、撮影では天然ぶりっ子キャラの“タマコ”役を演じていた。しかも、間違えて出された失敗作のケーキを食べた後も演技を続けて、見事な女優魂を見せつけた。Twitter上では「タマコちゃんきた!!」「サイコーすぎませんか」「可愛さの破壊力が凄まじかったです!!」といった声が続々と上がった。

【映像】一花が天然ぶりっ子"タマコ"を演じるシーン(5話・13分20秒頃~)

 最新話にあたる第6話「最後の試験」では、そんな一花に心境の変化が訪れた。これまで一花は、三玖に遠慮して、風太郎への想いを抑え込んでいた。しかし、三玖に「次の期末試験で5人の中で1番良い成績をとったら、風太郎に告白する」と告げられて、今まで以上に試験勉強に励んだ。その結果、一花は5人中トップの成績をおさめて、三玖の告白を阻止。一花は、三玖に勝ったことを知ると、どこか挑発的な表情で「やった」とつぶやくのだった……。

 ダークな一面をのぞかせた一花に、ファンからは「表情最高すぎる」「妖艶で挑発的な感じはアニメで見てもたまらんね」「ゾクゾクしちゃいます」「ダークすぎてテンション爆上げでした」「闇の片鱗が見える…」といった反響が寄せられていた。

第6話「最後の試験」

【あらすじ】

次の試験で赤点回避が出来なければ転校することになった五つ子。

一丸となって乗り越えようと頑張る風太郎と五つ子だが、

その思いとは裏腹に中々思うように成績が伸びないことから

気持ちが焦りだしてしまう。

果たして無事に『最後の試験』を突破出来るのか─!? 

(C)春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁∬」製作委員会

五等分の花嫁∬
五等分の花嫁∬
6話を見る
6話を見る
5話を見る
5話を見る
五等分の花嫁
五等分の花嫁
五等分の花嫁∬
五等分の花嫁∬

『五等分の花嫁』まとめ・最新情報一覧

「五等分の花嫁」アニメ1期&2期、声優・キャラ・あらすじ情報
「五等分の花嫁」アニメ1期&2期、声優・キャラ・あらすじ情報
ABEMA TIMES

アニメ「五等分の花嫁」公式サイト