ワタナベエンターテインメント所属の芸人をはじめとする総勢339組640名の中から1番面白い芸人を決める『お笑いABEMA CUP~ワタナベNo.1決定戦』が2月15日(月)夜6時30分よりABEMAで独占生配信される。

 決勝進出を決めたのは、アントワネット、Aマッソ、金の国、Gパンパンダ、新作のハーモニカ、ゼンモンキー土佐兄弟、ファイヤーサンダー、四千頭身、リンダカラーの10組。優勝賞金100万円、さらに「ABEMA」冠特番出演権をかけて白熱のお笑いバトルを繰り広げる。

▶視聴ページ:お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦

 本大会の審査員長には、昨年末に書き下ろしのエッセイ「世の中と足並みが揃わない」で独自の感性で世間の共感を集めているふかわりょうが就任。「お笑いは、審査されるべきものではない」という葛藤が今もあると話したふかわだったが、その上で「せっかく頂いた機会ですので、独断と偏見だけで、審査したいと思います」と本大会への意気込みを見せた。

 今回決勝に残った10組には、数々の賞レースで結果を残しテレビにも多数出演している四千頭身から芸歴1年目のゼンモンキーまで、様々な芸歴と実績を持つバラエティ豊かな芸人が揃っている。ふかわは、「すでに仕上がっているコンビは、そのイメージを利用するのか、それとも、壊していくのか。また、存じ上げない名前のコンビが、どのような価値観を届けるのか、楽しみにしています」と期待を込めると、特に「アントワネットという響きが、少し引っ掛かりました」と、注目のコンビも明かした。

 未だ終わりの見えないコロナ禍において、「この、最も”笑い”が求められているタイミングこそ、スターが誕生するときだと思います」と話したふかわ。「会場にいる気持ちでぜひご覧ください」と視聴者に呼びかけた。

 本大会の審査員には、ふかわの他に『女芸人No.1決定戦 THE W』での的確な審査が評判を呼んだお笑いコンビ・アンガールズ田中卓志、NHKの『チコちゃんに叱られる!』などを手掛ける小松純也氏、テレビ朝日の人気番組『アメトーーク!』や、『ロンドンハーツ』を手掛けるテレビ朝日の加地倫三氏、テレビ東京で『ゴッドタン』などを手掛ける佐久間宣行氏も登場する。

ABEMA『お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦』

「最も”笑い”が求められているタイミングこそスターが誕生するとき」ふかわりょうが”ワタナベNo.1決定戦”審査にかける思いとは

 配信日:2021年2月15日(月) 夜6時30分~夜10時

配信チャンネル:ABEMA SPECIAL2チャンネル

配信URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/AKEnXVrXBRp3f5

MC:ハライチ

審査員:

ふかわりょう

田中卓志(アンガールズ)

小松純也氏(株式会社スチールヘッド代表取締役)

加地倫三(テレビ朝日)

佐久間宣行(テレビ東京)

決勝進出者:

Aブロック【新作のハーモニカ(A-1)、Gパンパンダ(A-2)、ゼンモンキー(A-3)】

Bブロック【土佐兄弟(B-1)、金の国(B-2)、リンダカラー(B-3)、ファイヤーサンダー(B-4)】

Cブロック【四千頭身(C-1)、Aマッソ(C-2)、アントワネット(C-3)】

アシスタントMC:西澤由夏(ABEMAアナウンサー)

お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦
お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦