芸歴1年目のお笑いトリオ・ゼンモンキーをふかわりょうが大絶賛「必ず、ハナコを脅かす存在になると思います」
番組をみる »

 「ABEMA」で独占生配信中の『お笑いABEMA CUP~ワタナベNo.1決定戦』 にて、最終決勝に進む3組が決定した。

 本番組は、ワタナベエンターテインメント所属の芸人に加え、フリーの芸人やアマチュアの学生など総勢339組640名の“我こそが一番面白い”と豪語する強者たちの中から1番面白い芸人を決める大会。本日行われている決勝では、アントワネット、Aマッソ、金の国、Gパンパンダ、新作のハーモニカ、ゼンモンキー土佐兄弟、ファイヤーサンダー、四千頭身、リンダカラーの10組が3ブロックに分かれ対決し、各ブロックの1位同士が最終決戦で激突する。

▶視聴ページ:お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦

 トップバッターのAブロックでは、「ヒューマンビートボックス漫才」という独自のスタイルを確立し、人気急上昇中の新作のハーモニカ、現役の公認会計士とMENSA会員による超インテリコンビ・Gパンパンダ、芸歴1年目にも関わらず、お笑いトリオ・ハナコなど先輩芸人たちも一目置く期待のコント師・ゼンモンキーの3組が激突。審査の結果、視聴者による「ABEMA票」を含む4票を獲得した結成1年目のゼンモンキーが決勝進出を決め、開始早々から番狂わせを見せた。

芸歴1年目のお笑いトリオ・ゼンモンキーをふかわりょうが大絶賛「必ず、ハナコを脅かす存在になると思います」

 そんなゼンモンキーに対し、審査員長のふかわは、「ここで名前を出していいかためらいますが、ハナコのコントを初めて見たときと同じ感動がありました。3人の個性の見せ方が素晴らしく、2021年のお笑いをやっていると思いました。必ず、ハナコを脅かす存在になると思います」と大絶賛した。

 さらに、TikTokで話題沸騰中の土佐兄弟やリンダカラーら4組が激突するBブロックでは、キングオブコント2年連続準決勝進出の実力派コント師・ファイヤーサンダーが決勝進出を決め、優勝候補のAマッソが入るCブロックでは、四千頭身が進出を決め、悲願の初タイトルを目指す。

お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦

芸歴1年目のお笑いトリオ・ゼンモンキーをふかわりょうが大絶賛「必ず、ハナコを脅かす存在になると思います」

配信日:2021年2月15日(月) 夜6時30分~夜10時

配信チャンネル:ABEMA SPECIAL2チャンネル

配信URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/AKEnXVrXBRp3f5

MC:ハライチ

審査員:

ふかわりょう

田中卓志アンガールズ

小松純也氏(株式会社スチールヘッド代表取締役)

加地倫三(テレビ朝日

佐久間宣行(テレビ東京)

決勝進出者:

Aブロック【新作のハーモニカ(A-1)、Gパンパンダ(A-2)、ゼンモンキー(A-3)】

Bブロック【土佐兄弟(B-1)、金の国(B-2)、リンダカラー(B-3)、ファイヤーサンダー(B-4)】

Cブロック【四千頭身(C-1)、Aマッソ(C-2)、アントワネット(C-3)】

アシスタントMC:西澤由夏(ABEMAアナウンサー)

お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦
お笑いABEMA CUP2021~ワタナベNo.1決定戦