「相談を聞いていると、ヤバいと感じる。大人は教えてくれない」現役大学生の性教育プロデューサー・中島梨乃さんの危機感

 近年、ネット上で性に関する正しい知識を普及させようという試みが盛んになっている。性教育プロデューサーとして活動する中島梨乃さんもその一人だ。

・【映像】しみけん熱血解説「AVは派手な演出、教科書じゃない」10代の性教育を考える

 高校生のとき、「JKで性教育」というYouTube動画を投稿、話題を呼んだ。大学生になってからも、構内の男女トイレで生理用品を無償配布したり、性について考えてもらいたいと、タピオカの容器に文章を記載したりといった活動を行ってきた。

「相談を聞いていると、ヤバいと感じる。大人は教えてくれない」現役大学生の性教育プロデューサー・中島梨乃さんの危機感

 「周囲に性の問題で悩んでいる人が多いのに、大人たちは性教育やってくれない。そこへの怒りがあったし、大人がやってくれないなら、高校生だけど自分がやろうと思って。よく来る質問として、女性は“生理がこない”とか、妊娠不安の質問、男性は自分の性器についての相談が多い。“マスターベーションしすぎると死ぬ?”とか、“周りではコンドームつけている人の方が少ない”という声を聞くと、ヤバいと感じる。コンドームだって、避妊率は100%ではないんだということを伝えたい。低用量ピルだけに限らず他の避妊法と併用して、できるだけリスクを最低限に。妊娠したくないという時はしてほしいなと思う」。

「相談を聞いていると、ヤバいと感じる。大人は教えてくれない」現役大学生の性教育プロデューサー・中島梨乃さんの危機感

 正しい知識が普及しない要因について中島さんは「教育は学校だけじゃないと思っている。例えば“セックス”という用語を検索すると、どうしてもアダルトコンテンツが上の方に来てしまい、それらを最初に見てしまうということがある。性に出会うのがアダルトビデオでなくて、正しい知識に出会ってからアダルトビデオに行ってほしい。適切に知識を学べるサイトが検索結果に出てくるのが理想だと思う。それこそ性教育YouTuberのシオリーヌさんとか中高生向けの性教育サイト『セイシル』、ABEMAオリジナルドラマの『17.3 about a sex』とか、ネット上には良いコンテンツもたくさんある、むしろ学校はそういうコンテンツに繋げるための役割も担ってほしい」。

「相談を聞いていると、ヤバいと感じる。大人は教えてくれない」現役大学生の性教育プロデューサー・中島梨乃さんの危機感

 さらに教育現場の課題について「高校生の頃、夏休み前に性教育の授業をしたとき、先生が男子生徒の一人を指して“お前、夏休み前に予習しておけよ”と茶化す感じで教えていた。性の話=エロいみたいに教えてしまうと、もし何かあった時に言いづらくなってしまう。逆に教科書は中立でいようとしすぎていて、事実しか書いていない。だから“マスターベーションしてもいいんだよ”みたいな、安心できる言葉も全く書いていない。皆さんも性器の図をいきなり見せられて名称を覚えさせられたと思うが、なぜ学ばないといけないのか、という説明がないのがおかしいと思う。そして男女で分かれて授業をしたり、性交、妊娠の過程について扱わなかったりするのも不自然だ」と訴えた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

しみけん熱血解説「AVは派手な演出、教科書じゃない」10代の性教育を考える
しみけん熱血解説「AVは派手な演出、教科書じゃない」10代の性教育を考える
ABEMA