indigo la Endがプラネタリウムで配信ライブ 川谷絵音「かなり貴重な経験になった」
番組をみる »

 歌手の川谷絵音(32)がギターボーカルを務めるロックバンド・indigo la Endが16日、翌17日発売のニューアルバム『夜行秘密』のリリースを記念して、配信ライブを行った。

【映像】プラネタリウムで行われた配信ライブ

indigo la Endがプラネタリウムで配信ライブ 川谷絵音「かなり貴重な経験になった」
indigo la Endがプラネタリウムで配信ライブ 川谷絵音「かなり貴重な経験になった」

 去年、結成10周年を迎え、1年4カ月ぶりにアルバムをリリースしたindigo la end。前作よりさらに進化し、幅の広がった音楽性と、10代から20 代女性に圧倒的に支持されている切ない恋愛の歌詞が詰まった内容となっている。

 リリース前夜となった無観客の配信ライブは、プラネタリムで行われ、美しい夜空の下で、夜をテーマした曲が多く収録されているアルバムから『夜の恋は』など、全6曲を披露した。

 ライブを終えて川谷は「今回こういう形で、プラネタリウムの真ん中でライブをするという、かなり貴重な経験になりました。indigo la Endは今回『夜行秘密』というアルバムも出るし、基本夜のイメージがあるので、ちょうど曲の世界観にもぴったり合っていたというか、音も降って来る感じで気持ちよかったですね」と感想を語っていた。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

indigo la End 星空の下アルバム曲披露
indigo la End 星空の下アルバム曲披露
SEKAI NO OWARI「YOKOHAMA blues」ドラマ化
SEKAI NO OWARI「YOKOHAMA blues」ドラマ化