ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか「支えたい」
番組をみる »

 『ラストアイドル ~ラスアイ、よろしく!~』(テレビ朝日系・金曜深夜1時20分~ ※一部地域を除く)の中で、西村歩乃果が最新作のヒロインに決定。審査を終えて、これまで連続でセンターを務めてきた阿部菜々実が西村を「支えたい」と明かした。

▶映像:ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか

 これまで「歩く芸術」「最高難度ダンス」「殺(たて)」といったさまざまな企画に挑戦し続けてきたラスアイ。そんなラスアイが挑む次なる壁はインド映画の代名詞とも言える「ボリウッドダンス」だ。

 ボリウッドダンスとはインドの古典舞踊をベースに大人数でド迫力に舞い踊る内容。その特徴は「首」と「腰」の動き。記念すべき10枚目のシングルは特別企画で、選抜制は一旦廃止され、全員でド派手なダンスを披露する。ヒロイン候補は、厳正なる審査の結果、7名に絞られていた。なお、表題曲のMVには、番組MCの霜降り明星のせいやがヒロインの相手役を務めることが発表されている。

ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか「支えたい」
ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか「支えたい」
ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか「支えたい」

 最終審査前に行われた視聴者投票では4位だった。1次審査でもまさかの6位。これまで6thシングル「大人サバイバー」から4作連続で表題曲センターを務めてきた阿部も不安を抱えていた。振付師のakane先生は「普段から見ている阿部ちゃんはスゴい強靭。いつだって完璧な姿を見てきたので、ここでは終わらないだろうと思っている」と期待していた。

 審査を終え、阿部は「ボリウッドダンスは私的に苦戦した所があったので、そこを意識しながら楽しむ事が出来てよかった」と笑顔を見せた。指導者の関本恵子氏は「練習の時は力が入っていたが、今日は上手く力が抜けていて、とても綺麗だった」とコメントした。

 結果は6位だった。センターの座を掴むことが出来なかったが「自分としてはやり切れたと思うので悔いとかはないです。誰がヒロインになるか楽しみです」と笑顔で語った。

ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか「支えたい」

 ヒロインの座を射止めたのは西村。この結果を受け、阿部は「今回のセンターのほのぴー(※西村の愛称)は努力家だし、頼りになるし、付いていきたいと思っている。私は支えられる所は支えていきたいと思っている」と前を向いた。

 これまでラストアイドルの顔として活躍してきた阿部。しかし今作でも高いパフォーマンス力と圧倒的な存在感で、MVを鮮やかに彩ってくれることだろう。

 注目のラスアイの10thシングル(タイトル未定)は4月28日に発売。また一回り成長した阿部の姿に期待しよう。

(「ラスアイ、よろしく!」#66 より)

(C)ラストアイドル製作委員会

ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか
ラスアイ阿部菜々実、最新シングルでセンターの座を明け渡すも表情晴れやか
ABEMA BOATRACE TOWN『アイドルグランプリ』
ABEMA BOATRACE TOWN『アイドルグランプリ』